映画「ラッシュアワー3」のストーリーを結末までネタバレ

映画「ラッシュアワー3」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

3年の月日が流れました。

ある日、
交通課に左遷されたカーターは、
歌いながら交通整理をして
交通事故を引き起こしました。

時を同じくしてリーは、
ハン領事の護衛として、
国際法廷の会場にいました。

壇上に上がったハンは、
中国マフィア組織のボスである
シャイシェンの正体を明かそうとしました。

その次の瞬間、
ハンは隣のビルから狙撃されます。

犯人を見つけたリーは、
1人で追跡を開始します。

無線を聞いていたカーターも、
現場に駆け付けます。

 

リーは路地裏に追い詰めますが、
犯人の顔を見て驚きます。

孤児院で共に育ったケンジだったのです。

養子となったリーは、
先に孤児院を出た経緯があります。

動揺したリーは、
ケンジを取り逃がしてしまいました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

リーはカーターに連れられて
ロス市警へと向かいました。

ハンの手術は無事に成功し、
一命を取り留めたようです。

リーは大使の娘の
スーヤンの護衛を命じられます。

久しぶりの再会です。

スーヤンはすっかり女性になっています。

 

スーヤンは父から預かっていた封筒が
チャイナタウンの道場にあると
リーに伝えます。

リーはカーターを連れて
カンフー道場に向かいます。

しかし師範が留守だったので、
2人は門弟たちに囲まれました。

カーターは、
無理やり封筒を取ろうとしますが、
大男にボコボコにされました。

その場に師範が帰って来て、
銃を持った男たちが封筒を持ち去り、
スーヤンの元に行ったと言います。

 

スーヤンは父が入院する病院です。

2人は急いで病院に向かいます。

スーヤンもハンも無事でしたが、
すぐに殺し屋が現れました。

リーとカーターは、
病院で銃撃戦を繰り広げます。

スーヤンもかなり強い‥‥‥

犯人の1人を捕まえますが、
何故か中国人なのに
フランス語しか喋れません。

カーターは苛立っています。

カーターは男を拷問して、
ジャンビエーブ」という名前と
フランスの住所を聞き出します。

リーはハンの友人の
レイナード委員長にスーヤンを預け、
カーターとフランスのパリに向かいます。

2日後にはパリで
国際法廷の会合があります。

 

パリへの飛行機にて、
リーとカーターは喧嘩を始めます。

前作でリーは、
シークレットサービスの
イザベラという美女と出会いました。

2人はいい感じになりましたが、
カーターが彼女を誤射し、
リーとイザベラは微妙な関係になったのです。

 

リーとカーターは、
ジョージのタクシーに乗り込み、
先ほどの住所の場所に向かいます。

カジノがありました。

2人はカジノに潜入し、
ジャンビエーブを探します。

カーターは美女を見つけて
一緒にバカラで遊び始めます。

ルールを知らないので負けました。

 

リーは
ジャスミンという女性に
捜査を手伝うと声をかけられます。

リーと2人っきりになると
ジャスミンは彼を殺そうとしました。

ジャスミンは組織の人間だったのです。

2人はジョージのタクシーで逃亡します。

車を撃たれたジョージは怯えますが、
「お前はヒーローだ」とカーターに言われ
見事なテクニックに逃げます。

ところがジョージがやる気を出し過ぎて
リーとカーターは車道に落ちてしまいます。

組織に囲まれた2人は観念して捕まります。

下水道に連れて行かれた2人は
ケンジと再会します。

ロスでリーに救われたケンジは、
今回だけは2人を見逃して解放しました。

 

ホテルに戻った2人は、
ケンジの事で口論となります。

先に孤児院を出たリーは、
ケンジに負い目を感じています。

口論の末に
2人は別行動する事になりました。

 

1人で街に繰り出したカーターは、
カジノで出会った美女を見かけ、
彼女を尾行して劇場に入ります。

彼女がジャンビエーブでした。

 

時を同じくして、
ホテルにレイナードが現れて
「シャイシェン」とは組織の
幹部の名が記された名簿だとリーに話します。

少し前、
ジャンビエーブという女性が
ハン大使に接触しました。

彼女はハンに
シャイシェンを渡そうとしたのです。

ジャンビエーブが鍵を握っており、
リーも彼女がいる劇場へと向かいます。

 

ケンジたちの姿がありました。

カーターと合流したリーは、
ジャンビエーブを連れて逃亡します。

銃撃戦の虜になったジョージが
3人を迎えに来ました。

リーとカーターの
ドライバーになりたいようです。

物好きもいるものですね。

 

ジャンビエーブも組織の人間です。

シャイシェンは彼女の頭部に
彫られています。

頭部に名簿を刻まれた女性は、
組織の全員が名簿を確認すると
頭部を刎ねられて始末される決まりです。

ジャンビエーブはケンジに騙されて、
頭部に名簿を彫りました。

自分が殺されると知って
国際法廷に助けを求めたのです。

話を聞いたリーとカーターは、
彼女を国際法廷の委員長である
レイナードに引き渡します。

レイナードはジャンビエーブに
「カツラを取ってリストを見せてくれ」
と言いました。

誰も頭部に彫られていると話していません。

 

レイナードも組織の人間だったのです。

3人は殺されそうになりますが、
逆にレイナードを取り押さえて
ジャンビエーブを取り返します。

その直後、
リーに電話がかかってきました。

ケンジがスーヤンを拘束しているのです。

 

スポンサーリンク

結末

夜になって、
リーはジャンビエーブを連れて
パリのエッフェル塔に向かいます。

ケンジは人質の交換は行わず、
リーに一騎打ちを挑みました。

宙づりにされているスーヤンを
カーターが助けに向かいます。

 

リーはケンジに勝利しますが、
窓から落ちそうになったケンジを助け、
逆に殺されそうになります。

2人は塔の鉄骨の上で戦いを始めます。

やがて2人は
鉄骨から落下防止用のネットに落ちますが、
ケンジが持っていた刀でネットが切れます。

再びリーは宙づりになったケンジを助けます。

ところが、
今度はリーの命を救う為に
ケンジは自ら地上に落下しました。

リーが塔の中に戻ると
カーターがジャスミンを倒して
スーヤンを救出していました。

 

それでも組織の追っ手が現れます。

スーヤンをエレベーターで降ろし、
2人はエッフェル塔内で戦います。

2人が地上に戻ると
レイナードが現れます。

絶体絶命のピンチですが、
ジョージが助けに来ました。

フランス警察も駆け付けて
事件は無事に解決しました。

 

映画を観るならU-NEXTの無料体験がオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す