映画「バンコック・デンジャラス」のストーリーを結末までネタバレ

映画「バンコック・デンジャラス」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

主人公は殺し屋のジョーです。

自らに4つのルールを課すジョーは、
仕事を完璧にこなしながら
世界中を飛び回っています。

この日も依頼を受けて、
警察で事情聴取を受ける男を
向かいのビルから狙撃しました。

さらに今回の仕事で利用した助手を殺します。

 

・ジョーの自分ルール

1.仕事に関する質問はなし

2.堅気とは交わらない

3.痕跡は残さない

4.引き際を考えろ

ジョーは引退を考えていました。

この世界に長くいると
自分が標的になる日が訪れるのです。

ジョーは引退する為に
バンコクでの仕事で
大金を手に入れようと考えます。

1つの国で行う仕事は4件です。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

バンコクに到着したジョーは、
人気のないアジトを借ります。

次に街に出て助手を探します。

ジョーは客引きのコンに目を付けます。

コンは客引きをしながら
観光客などの財布をスッています。

助手の条件は3つで、
英語が話せて金で動き、
最後に始末が可能な事です。

ジョーはコンに話しかけ、
通訳と運び屋の仕事を依頼します。

コンは引き受けました。

 

翌朝、
コンは集合場所に現れました。

ジョーは携帯と時計を渡して、
「鳴っても出なかったら報酬はなし。
1分でも遅れたら報酬はなし。」
と告げます。

ジョーはコンに荷物を運ぶ仕事を与え
中身は絶対に見るなと釘を刺します。

 

コンはクラブを訪れて
オームという女性に金を渡し
バックを受け取ります。

ジョーのアジトに帰る途中、
コンは信号無視で警察に追われます。

その様子を見ていたジョーは、
バックを受け取っても
コンに報酬を払いませんでした。

バックの中には
標的の写真が入っており、
確認したらすぐに処分します。

ジョーはバイクを手に入れて
下調べを始めます。

さらにコンにバックを渡し
オームの元に運ばせます。

依頼人に報酬として
麻薬を要求したのです。

この麻薬は助手を始末する時に使用します。

 

1件目の仕事は無事に成功しますが、
腕を怪我してしまいました。

アジトに戻ったジョーは、
振込先の口座番号を連絡し
薬局に向かいました。

薬局で耳が聞こえない
フォンという女性と知り合います。

ジョーはフォンに傷口を見せて
薬を選んでもらいました。

ジョーは彼女に恋したようです。

 

また別の日、
コンは手に入れた報酬で
オームに宝石を贈りました。

オームは喜びます。

オームからバッグを受け取って、
ジョーのアジトに向かいますが、
強盗団に襲われます。

なんとか逃げ出しますが
遅れたのでジョーに怒られます。

しかもバッグが開いていました。

コンは中身を見てしまったのです。

ジョーはコンの始末を考えますが、
「仕事を教えて欲しい」と懇願され、
コンを弟子にしました。

まずはコンに護身術を教えます。

コンを殺さなかった理由や、
弟子にした事が自分でも分かりません。

それでもジョーは
次々とスキルを伝授します。

 

ジョーは2人目の写真をコンに見せます。

田舎の貧乏な親から娘を買って、
売りさばく悪党だとコンは話します。

それから数日後、
2人目の標的が事故死します。
(ジョーの仕業)

コンの心境は複雑ですが、
トレーニングに励みます。

 

また別の日、
ジョーは薬局を訪れて、
フォンを食事に誘いました。

ジョーは手話ができないので、
他の店員に伝えてもらいます。

フォンは笑顔で了承しました。

2人は河辺のレストランに行きます。

ジョーは辛いのが苦手ですが、
フォンは涼しげな表情で食べています。

ジョーはフォンの笑顔に癒されます。

ここからジョーは、
コンに暗殺業を教えながら
フォンと愛を育みます。

コンのトレーニングが終わった日、
ジョーは彼にバイクを贈りました。

 

そして3件目の依頼が舞い込みます。

オームからバッグを受け取ったコンが、
依頼人の部下に尾行されてしまいます。

依頼人とジョーは、
お互いに何者か知りません。

依頼人は暗殺者の正体が気になったのです。

 

尾行に気付いたコンは、
慌ててジョーに連絡します。

ジョーはコンに
「バッグに携帯を入れて捨てろ」
と命じます。

コンがバックを捨てると
依頼人の部下が拾います。

そこでジョーが電話をかけて
「次に同じ事をしたら家族を殺す」
と依頼人を脅しました。

 

その後、
ジョーはフォンの実家を訪れ、
フォンの母親と対面します。

職業を聞かれたジョーは、
銀行員だと嘘を付きます。

フォンも母親も嬉しそうです。

 

この日、
アジトに戻ったジョーは、
例の麻薬を処分しました。

もうコンを殺す気はありません。

 

そして3件目の暗殺です。

今回はコンを同伴させました。

実戦の経験を積ませるためです。

ところが‥‥
暗殺の前に標的に気付かれ、
逃げられてしまいました。

ジョーとコンで追いかけ、
銃撃戦の末に始末しますが、
完璧な仕事ではありませんでした。
(歯車が狂い始めている)

 

その後、
ジョーはバッグをコンに預け、
クラブに行くよう指示します。

するとコンは、
テレビで演説する政治家を差して、
「ジョーと一緒で彼は弱い者の味方だ」
と呟きました。

 

ジョーはフォンと仏像を見に行きます。

別れ際に
フォンはジョーに手紙を渡します。

ジョーが手紙を読んでいると
2人組の強盗犯が彼を襲撃しました。

耳が聞こえないフォンが
前方を歩いていたので、
ジョーは2人組を瞬時に射殺しました。

フォンには気づかれないはずでした‥‥

悪い事に強盗犯の血しぶきが
フォンの服にかかってしまい、
彼女が振り向いてしまいます。

ジョーは事情を説明しようとしますが、
フォンは恐くなってその場を立ち去りました。

 

スポンサーリンク

結末

ジョーは、
フォンの家を訪ねたりしますが、
彼女は会ってくれませんでした。

そして4件目の依頼が舞い込み、
ジョーはアジトを去る準備を始めます。

4人目の標的は、
コンが褒めていた政治家でした。

国民に慕われているようです。

 

政治家の暗殺は危険が増すので
ジョーは報酬の増額を要求します。

依頼人は部下に、
ジョー、コン、オームの3人を
殺すように指示します。

ジョーがもしも捕まったら
自分たちの悪事がバレると考えたのです。

部下はオームをボコボコにして、
コンを呼び出します。

オームが拘束されていたので
コンは抵抗せずに捕まりました。

 

 

翌朝、
バンコクの街でパレードが行われ、
例の政治家が登場します。

コンの言う通り彼は民衆に愛されています。

民衆の様子を見たジョーは、
最後に見たフォンの顔を思い出し、
引き金を引けなくなりました。

さらに政治家の護衛に見つかったので、
暗殺を諦めて逃げる事にしました。

 

ジョーがアジトに戻って
バンコクから立ち去る準備をしていると
依頼人が雇った部隊が来ました。

ジョーはアジトを爆破して敵を全滅させます。

敵を確認したジョーは、
1人がコンの腕時計を
身に着けている事に気付きます。

瀕死の敵を脅して
コンの居場所を聞き出します。

 

ジョーはフォンの家を訪れ、
彼女に別れの挨拶をします。

その後、
依頼人のアジトに行き、
1人で組織を壊滅させました。

ジョーはコンに銃を渡し、
オームと逃げろと伝えて、
依頼人のスラットの殺害に行きます。

スラットを殺害する寸前で
ジョーは警察に囲まれます。

全身に傷を負っています。

すでに命は長くなさそうです。

思い出すのはフォンの顔だけ。

 

ジョーはスラットと警察の前に行き、
自分の頭部とスラットの頭部を
同時に撃ち抜きました。

助かったコンが遠くから見ています。

 

映画を観るならU-NEXTの無料体験がオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す