映画「ルーシー」のストーリーを結末までネタバレ

映画「ルーシー」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

アメリカ人のルーシーは、
台湾に留学中の女性です。

そんなある日、
リチャードという友人男性に
ケースをホテルに届ける仕事を頼まれます。

いかにも怪しい仕事なので、
ルーシーは断ろうとしますが、
腕とケースを手錠で繋がれました。

ルーシーは怒りながらも
ケースを持ってホテルに入り、
フロントでチャンの名前を出します。

するとチャンの部下が数人現れて
外に居たリチャードを射殺し、
ルーシーを部屋に連れて行きました。

チャンの正体は
韓国マフィアのボスで、
彼らに英語は通じません。

チャンは暗証番号を伝えて、
ルーシーにケースを開けさせます。

すると青色の粉が入った袋が
4つ入っていました。

青い粉の正体は
CPH4と呼ばれる新種の麻薬です。

CPH4には、
人間のの潜在能力を
引き上げる効果があります。

ルーシーはチャンに
「1つだけ仕事を頼みたい」
と言われます。

断わったルーシーは、
チャンの部下に殴られ気絶しました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

ルーシーが気絶している頃、
脳科学の権威であるノーマン博士は、
フランスで講義を開いていました。

ノーマンは生徒達に
「多くの種は脳の5%、
人間でも10%しか活用していない。

イルカだけは20%も使っており、
反響定位は人間のソナーより優れている。」
と語りました。

 

ルーシーが目を覚ますと
腹部に包帯が巻かれていました。

チャン達は、
ルーシーを運び屋にする為に
腹部にCPH4を埋め込んだのです。

袋は4つなので運び屋も4人です。

ルーシー以外の3人は男性です。

チャンの部下は4人に
「帰国したら私の部下が
品物の回収に現れる」
と説明して頭に袋をかけました。

その後、
ルーシーはチャンの部下に
体を触られました。

嫌がるルーシーは、
チャンの部下に拷問され、
体内で袋が破けてしまいます。

CPH4が体内に溶け出し、
徐々にルーシーの脳が覚醒を始めます。

 

[ルーシー20%モード]

感覚が研ぎ澄まされています。

ルーシーは監視役を誘惑し、
拘束を解いて脱走しました。

手に入れた銃でチャンの部下を倒します。

右肩に被弾したようですが、
平気な顔で弾丸を取り出します。

ルーシーはタクシーに乗って
病院を目指します。

聴覚も優れているので、
遠くにいる人の会話も聞こえます。

勝手に手術室に入ったルーシーは、
「この患者は助からない」
と言って患者を殺します。

ルーシーは
「腹部の袋を取り出して」
と医師に命じます。

痛みを感じないルーシーは、
母国の母親に電話しながら
手術を受けました。

医師は袋を取り出しますが、
500gのCPH4が溶け出していました。

 

病院を出たルーシーは、
チャンのアジトに乗り込みます。

チャンの部下を次々と射殺し、
ルーシーはチャンを拘束します。

チャンの頭部を触ったルーシーは、
ドイツ、フランス、イタリアに
3人の運び屋が向かった事を知ります。

チャンに重傷を与えて
ルーシーは去って行きました。

 

一時帰宅したルーシーは、
ルームメイトにパソコンを借りて
脳科学について調べます。

ノーマンの資料や
発表した研究を全て暗記して、
ノーマン本人に電話をかけます。

ノーマンは突然の事に驚きますが、
彼の目の前にあるテレビの画面に
ルーシーが映りました。

ルーシーは
自分の身に起こった事を説明し、
あと24時間も生きれないと推測、
ノーマンに会って欲しいと頼みます。

ルーシーは人類の将来の為に
今から自分の身に起こる事を
ノーマンに伝えようと考えたのです。

ルーシーはノーマンに
「12時間以内に会いに行く」
と約束しました。

 

ルーシーはフランス警察の
ピエール刑事に電話をかけて
密輸の事を話します。

3人の運び屋の写真を送信し、
拘束して欲しいと頼みます。

ピエールは3人の運び屋を拘束しました。

その様子をチャンの部下たちが見ています。

 

ルーシーもパリへと向かいます。

機内でパソコンを使用していると、
CAに注意されました。

ルーシーが
「鼻血を拭いたら?」と言うと
CAの鼻から鼻血が出ました。

[ルーシー40%モード]

ルーシーの歯が4本抜けました。

皮膚も溶け始め、
ルーシーは機内のトイレに入ります。

鏡で自分の姿を見たルーシーは、
持っていたCPH4を口にします。

 

[ルーシー50%モード]

ルーシーはトイレで倒れて、
パリの病院に搬送されました。

医師の見立てでは、
何日間も目覚めない予定でしたが、
ルーシーはすぐに目覚めます。

警察や医療関係者が駆け付けますが、
ルーシーはピエールとの会話を望みます。

警察が銃口を向けますが、
ルーシーが右手を少し上げると、
ピエール以外は倒れてしまいました。

ピエールは降参して、
ルーシーの話を聞く事にしました。

ルーシーはピエールと共に
3人の運び屋に会いに行きます。

 

車で移動中のルーシーには、
電話のやり取りが目で見えます。

するとチャンの部下が
チャンに報告していました。

韓国語もマスターしたルーシーは、
チャンの仲間が病院に
向かっている事を知ります。
(自分が居た病院とは別の病院)

病院では運び屋たちの
治療が行われているようです。

 

[ルーシー60%モード]

ルーシーが病院に着くと、
チャンの部下が運び屋の体から
CPH4を取り出していました。

ルーシーは見えない壁を作って、
チャンの部下を閉じ込めます。

さらに銃口を向けられますが、
銃は天井に貼り付きました。

チャンの部下たちは、
ルーシーを殴ろうとしますが、
近付く事も出来ません。

ルーシーは悠々と
CPH4を回収しました。

ルーシーは薬をピエールに渡し、
ノーマンがいる大学に向かいます。

ノーマンはルーシーの為に
研究仲間の4人を集めていました。

スポンサーリンク

結末

ルーシーは残された時間で
研究者たちに多くの情報を与えます。

研究者たちは、
目の前で起こる出来事に驚きながらも
ルーシーに様々な質問をします。

時を同じくして、
研究室はチャンの一味に囲まれますが、
ピエール達が時間を稼ぎます。

 

研究室が完全に包囲された時、
ルーシーは全ての情報を託すために
残ったCPH4を全て摂取します。

ルーシーはノーマンに
「死の間際にコンピューターを作って
あなただけがアクセスできるようにする」
と約束しました。

 

[ルーシー70%モード]

ルーシーは口から光を吐き、
肌は黒色に変色しました。

体の形も変形し、
一部はコンピューターと同化しました。

ルーシーの手によって、
次世代のコンピューターが作られます。

 

[ルーシー90%モード]

ルーシーは人類や宇宙の起源を
目の当たりにします。

 

[ルーシー100%モード]

研究室に到着したチャンが、
ルーシーの頭部に発砲しますが、
目の前で彼女は消えてしまいました。

チャンはピエールに射殺されます。

 

コンピューターが動いています。

コンピューターの一部は
ノーマンにUSBメモリーを渡して、
元の姿に戻りました。

 

ピエールがノーマンに
ルーシーの居場所を尋ねると
「私はどこにもいるよ」
と彼の携帯にメールが届きました。

 

映画を観るならU-NEXTの無料体験がオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す