映画「96時間 リベンジ」のストーリーを結末までネタバレ

映画「96時間 リベンジ」の
ネタバレを結末まで公開します。

前作のネタバレはコチラ

あらすじ

元CIA諜報員のブライアンは、
今は警護の仕事をしています。

免許を取りに行く娘・キムに
運転を教えたりと平穏な毎日を過ごしています。

最近の悩みは、
キムに恋人ができた事です。

 

時を同じくして、
アルバニアの犯罪組織のボス・ムラドは、
息子のマルコの葬儀で
息子を殺した男への復讐を誓います。
(マルコは前作でブライアンが殺した男)

ムラドはマルコのアジトから
元フランス諜報員・ジャンの名刺を拾い、
彼を捕まえて尋問します。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

ブライアンは警護の仕事で、
イスタンブールに行く事になりました。

元妻のレノーアと再婚相手の
スチュアートの関係悪化を知った彼は、
レノーアとキムをイスタンブールに誘います。

この日の夜、
元同僚のサム、ケイシー、バーニーが
ブライアンの家に遊びに来ました。

BBQをしてお酒を飲みます。

 

 

イスタンブールにて、
ブライアンはアラブ人を警護し、
大金を手に入れました。

レノーアとキムは来ず、
ブライアンはアメリカに帰ろうとします。

その場に2人が現れて
ブライアンは驚きます。

この日の夜、
ブライアンはキムと出かけ、
ヨーロッパとアジアの歴史を教えます。

その後、
恋人の話を聞きました。

 

次の日の昼は、
キムをホテルに残して、
レノーアとデートします。

そこでブライアンは尾行に気付き、
レノーアを先に逃がして戦います。

ブライアンは戦いを有利に進めますが、
レノーアが拘束された事を知り、
電話でキムに隠れるように伝えて
抵抗する事を止めました。

ホテルのプールにいたキムも
誘拐されそうになりますが、
ブライアンの部屋に隠れます。

ブライアンとレノーアは、
目隠しをされて移送されますが、
ブライアンは音や時間や
曲がった方向を覚えます。

 

ブライアンは、
ムラドのアジトの地下で
目隠しを取られます。

ブライアンは隠していた携帯で
ホテルにいるキムに電話をかけて、
大使館に逃げろと伝えます。

しかしキムは、
2人を助けると答えました。

キムはブライアンの指示に従って、
彼のトランクを開けます。

その中には
地図と武器が入っています。

ブライアンは手りゅう弾を投げさせ、
居場所の特定のヒントにします。

キムは武器を持って、
ブライアンの拘束場所に向かいます。

 

その後、
ブライアンはムラドに拷問されます。

ムラドはレノーアを宙づりにして、
彼女の喉を少しだけ切りました。

すぐには死にませんが、
目の前で苦しみながら死にます。

ムラドは腹心を連れて
笑いながら去って行きます。

キムを探しに行くようです。

 

ブライアンは
自分とレノーアの拘束を解き、
再びキムに電話をかけます。

拘束場所に到着したキムは、
煙突から拳銃を落として
ブライアンに渡します。

ブライアンは
「必ず戻る」とレノーアに伝えて
アジトから逃げ出しました。

キムが捕まりそうになりますが、
ギリギリのところでブライアンが助けます。

2人がアジトに戻ると、
レノーアの姿がありませんでした。

別の場所に移送されたようです。

まずはキムの安全の為に
彼女の運転で大使館を目指します。
(まだ免許は取ってない)

2人は組織と警察を振り切って、
大使館に突撃しました。

警備兵に拘束されますが、
ブライアンはサムに連絡して解放されます。

ブライアンはキムを残して、
レノーアを探しに向かいます。

 

スポンサーリンク

結末

ブライアンは、
僅かな記憶と手掛かりを頼りに
ムラドのもう1つのアジトを突き止めます。

アジトに乗り込んだブライアンは、
次々と構成員を倒します。

ムラドと彼の腹心は、
レノーアを連れて逃亡しますが、
ブライアンが追いかけます。

腹心も倒されたムラドは観念します。

ブライアンはムラドに
「復讐を止めると誓うなら見逃す」
と告げます。

ムラドが誓ったので、
ブライアンはレノーアを連れて
その場を去ろうとします。

ムラドは約束を破って、
銃を拾ってブライアンを殺そうとします。

しかし
ブライアンが弾を抜いていました。

ブライアンは、
禍根を残さない為に
ムラドにとどめを刺しました。

 

3週間後、
ブライアンが見守る前で
キムが免許を取りました。

ブライアンとレノーアは
夕食を食べながら祝います。

その場にキムの恋人が現れて、
ブライアンに挨拶しました。

 

次作「96時間 レクイエム」のネタバレへ

映画を観るならU-NEXTの無料体験がオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す