映画「HERO(2007)」のストーリーを結末までネタバレ

映画「HERO(2007)」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

主人公は検事の久利生公平です。

ドラマ版で転勤した久利生が
6年ぶりに城西支部に戻って来ました。

6年の時が流れましたが、
メンバーに変更はありません‥

ある日、
江上の担当事務官の末次は、
社交ダンスの大会で足を怪我します。

パートナーの美鈴も怒っています‥

 

時を同じくして、
法務大臣は元国土交通大臣の
花岡練三郎の贈収賄疑惑の件で
東京地検特捜部に対し指揮権を発動します。
(特捜の動きを封じた)

 

同僚検事の芝山は離婚調停中で忙しく、
久利生は彼が起訴した梅林という
傷害致死事件の犯人の裁判を任されます。

梅林は街中で肩がぶつかった
里山という男性に暴行を加えて殺しています。

梅林は犯行を認めており、
簡単な裁判だと思われます。

 

久利生と事務官の雨宮は、
里山の婚約者・めぐみに会いに行きます。

雨宮は犯行を認めているから
安心して欲しいと言います。

 

一方の久利生は、
イヤホンで何かを聞いています。

 

江上は自転車のサドルに火をつける
連続放火魔の郷田を取り調べます。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

やがて梅林の裁判が始まります。

梅林は一転して無罪を主張します。

しかも梅林の担当弁護士は、
刑事事件無罪獲得数日本一の
蒲生という凄腕の弁護士でした。

蒲生はヤメ検の弁護士で
鍋島次席とは同期の間柄です。

 

蒲生は取り調べを行った芝山が
自供を強要したとまで主張します。

芝山は離婚調停中で
日頃からイライラしており、
久利生たちは劣勢に追い込まれます。

 

蒲生と梅林は、
「現場には行っていない」
と主張しています。

現場付近の縁石には、
梅林が車で逃亡した際についた傷があります。

もしも彼の車にも傷があれば
彼が現場にいた事を証明できます。

しかし梅林は、
事件の次の日に車を処分しており、
すでに解体されていました。

久利生は解体された鉄くずから
梅林の車を見つけようとします。

無理ですが‥

 

そんな中、
特捜部の黛が接触して来ました。

彼らは法務大臣の指揮権発動によって、
花岡の贈収賄疑惑の捜査を断念しています。

実は梅林の事件には裏があります。

 

代議士である花岡は、
ゼネコン会社から賄賂を
受け取ったとされています。

賄賂を受け取ったと思われる日、
花岡は歯の治療をしていたと証言しています。

梅林は歯医者が入っているビルで
警備員のバイトをしています。

梅林と歯科医院の院長の2人が
花岡を見たと証言しているのです。
(院長は花岡を庇っている)

この日は里山の事件の日と同じで、
もしも梅林が有罪だった場合は、
花岡のアリバイも崩れる事になります。

久利生と雨宮は
梅林の弁護人が蒲生という
大物である事に納得した様子。

城西支部のメンバーは、
車の解体工場に集まって
梅林の車を探します。

工員の川島を問い詰めた久利生は、
車が韓国に不正輸出された事を知り、
雨宮と共に韓国の釜山へと向かいました。

 

鍋島次席の力を借りて、
地元検事のカンの協力も得ます。

 

持ち主の男性はすでに車を捨てていました。

この男性は麻薬組織のメンバーで、
久利生と雨宮の前で逮捕されます。

逮捕される直前に
雨宮のカバンに何かを入れたようです。

 

カンの事務官で日本語が話せるキムは
久利生と雨宮に振り回されます。

 

久利生、雨宮、キムは車を探し続けます。

ある日の夜、
久利生と雨宮は食堂で食事します。

トイレに行った雨宮が
麻薬組織のメンバーに誘拐されますが、
カンとキムが助けてくれました。

組織は雨宮のカバンの中にある
USBを探していたようです。

カンとキムの協力のおかげで
梅林の車も見つかりました。

キムが1番嬉しそうです。
そんなキムの成長を見て、
カンは久利生と雨宮に礼を言いました。

さらにカンは
久利生に何かを言います。

韓国語なので久利生には理解できません。

 

日本に帰国した久利生は、
車と縁石の傷を証拠として持ち出しますが、
証拠としては不十分だと言われます。

裁判所内で蒲生とすれ違った久利生は、
検事を辞めた理由を尋ねます。

蒲生は検察の間違った正義に
うんざりしたからだと答えます。

 

支部に戻った久利生は雨宮に
「久利生さんなら起訴しましたか?」
と聞かれます。

久利生は起訴したと答え、
芝山の事を信じているから
公判検事を引き受けたと言います。

2人の会話を芝山が聞いていました。

 

次の日、
黛が梅林の資料を渡せと
久利生に詰め寄りました。

梅林の件は特捜に任せと‥‥

芝山と雨宮が黛を追い返します。

 

そんな中、
久利生は事件の目撃者が
火事も目撃していた事を思い出します。

その火事の犯人は
江上が取り調べている郷田です。

サドルの火が燃え移って
空き家が燃えていたのです。

火事の現場は梅林の事件の現場と近く、
火事の現場にいた事を証明すれば
証言を覆す事が可能です。
(バイト先にはいなかった)

連続放火事件なので、
警察が野次馬の写真を撮っています。

久利生たちは警察の資料を確認しますが、
梅林は映っていませんでした。

 

久利生は歯科医院が入っている
ビルを調べに向かいます。

ビルの駐車場は4つだけですが、
事件の時間は他の会社が
3つ使用していました。

花岡の車と梅林の車の2つを
駐車する事はできません。

 

そのころ蒲生は
鍋島次席と飲んでいました。

まだまだ蒲生が有利ですが、
「苦戦しそうだ」と苦笑いしています。

久利生は花岡代議士を
証人として裁判に呼び出します。

 

一方で雨宮達は、
野次馬達が携帯で撮った写真の中に
梅林が映っていないかと疑います。

野次馬を1人ずつ探し始めます。

 

スポンサーリンク

結末

花岡が出廷します。

花岡は自分の車で歯科医院に行き、
梅林の顔を見たと証言します。

しかし事件の日、
駐車スペースは1つしかありません。

久利生はその事を追及しますが、
花岡は黙秘します。

久利生は事件の詳細を話し、
検察の正義を語り始めます。

蒲生は何も反論せずに
久利生の言葉を聞きます。

 

そのころ江上は
放火魔の郷田には事件現場を
自分で撮る癖がある事を思い出し、
彼の携帯電話を確認していました。

梅林の姿が映っています。

 

やがて郷田の携帯を持った
雨宮が裁判に駆け付けます。

花岡は捏造だと騒ぎますが、
久利生の言葉に胸を打たれた蒲生が
証拠品として認めました。

梅林には懲役8年が告げられ、
花岡のアリバイが崩れた事によって、
東京地検特捜部が家宅捜索に入ります。

蒲生は鍋島に
「いい検事を育てたな」
と言って笑みを浮かべました。

 

久利生と雨宮が裁判所を出ると
いつもの並木道でメンバーが待っていました。

芝山の離婚はなくなったようです。

 

その後、
久利生と雨宮は
いつものバーに行きます。

久利生は韓国で食べ損ねた
「チョングッジャン」を注文します。

そんな中、
久利生はマスターに渡された翻訳機で、
カンが言った言葉を翻訳します。

「彼女を離してはいけません」
という意味でした。

久利生は勉強中のスペイン語で
カンの言葉に対する返事をします。

雨宮は理解できません。

マスターは奥でこっそり翻訳します。

「約束します、離しません」

久利生と雨宮がキスして終了です。

 

映画を観るならU-NEXTの無料体験がオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す