映画「三度目の殺人」あらすじ、ネタバレ結末 真犯人は誰やねん 

映画「三度目の殺人」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

主人公は弁護士の重盛朋章です。

重盛は友人で弁護士の摂津に頼まれて
ある殺人犯の弁護を担当する事になりました。

重盛が担当するのは、
食品加工工場の社長・山中を撲殺し、
遺体を燃やした三隅高司という男性です。

三隅は、
かつて強盗殺人で捕まって、
30年間服役していました。

今回も被害者のサイフを盗んでいるので、
死刑判決は決定的です。

ちなみに30年前の事件で
裁判長を務めていたのは
重盛の父・彰久です。

 

三隅は借金に困っており、
自分をクビにした山中を殺害しました。

三隅は犯行を認めていますが、
摂津が面会する度に供述を変えています。

三隅が減刑を望んでいるので
摂津は重盛を頼ったようです。

依頼人の利益を優先する重盛は、
無期懲役を目標に部下の川島と
調査を開始します。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

重盛と川島が現場に向かうと、
足が悪い女子高生がいました。

2人の姿を見た女子高生はその場を去ります。

 

その後、
重盛は三隅からの手紙を持って
被害者の山中の自宅を訪れます。

重盛は被害者の妻・美津江と
娘の咲江と対面します。

咲江は現場で見かけた女子高生でした。

美津江は重盛の前で手紙を破りました。

 

そんな中、
重盛の娘のゆかが万引きをして、
重盛は店に呼び出されました。

重盛は妻と娘とは別居中で
関係は冷め切っているようです。

ゆかは謝罪の為に
泣く演技をしました。

 

重盛を困らせる事件が発生します。

三隅が雑誌の記者に
「社長の妻・美津江に頼まれて、
保険金目当てで殺害した。」
と告白したのです。

三隅の口座を調べると
50万円の入金記録も残っていました。

報酬の前金と考えられます。

 

重盛が問い詰めると三隅は認めました。

三隅は美津江とは、
メールでやり取りしていたと証言します。

重盛は妻を主犯にすれば、
三隅の減刑も望めると考えます。

 

三隅の供述通り、
2人はメールのやり取りをしていましたが、
殺人の依頼を証明できる
内容ではありませんでした。

前金と思われる50万円も
前金だと証明する方法もありません。

 

調査を進める重盛は、
三隅が暮らしていたアパートを訪ねます。

大家の話では、
美津江が訪ねて来た事はないが、
足の悪い女の子が来ていたようです。

思い浮かぶのは咲江だけです。

さらに三隅は、
飼っていた鳥を処分して、
家賃をいつもより早く入金していました。

このような三隅の行動を知った重盛は、
彼が最初から捕まるつもりだったと疑います。

 

重盛はその考えを三隅にぶつけますが、
適当にあしらわれてしまいます。

三隅は減刑を望んでいるはずなのに‥‥
重盛は三隅の為に動いているのに‥‥

重盛は三隅が理解できません。

 

重盛に頼まれた彰久が
30年前の資料を持って
重盛の事務所にやって来ました。

わざわざ北海道から出てきたようです。

彰久は自分の温情判決が、
今回の事件を引き起こしたと
後悔しているようです。

 

重盛と川島は裁判の前に
三隅の故郷である北海道に向かい、
30年前の事件を調べます。

三隅は借金取り2人を殺害し、
金を奪って放火しています。

当時の三隅も取り調べの際に
証言内容をコロコロ変えており
動機はよく分かりませんでした。

重盛と川島は、
三隅の娘の「めぐみ」を探しますが、
発見する事は出来ませんでした。

 

そのころ咲江と美津江は、
三隅に振り込んだお金について話していました。

あの50万円は殺人の依頼ではなく、
食品偽装に関するお金だったようです。

 


やがて裁判の日を迎えます。

検察側は強盗殺人で裁判を進めます。

一方の重盛たち弁護側は、
妻の美津江を主犯にしようとします。

しかし、
美津江は最後まで
殺人の依頼を否定し続けました。

 

裁判の後、
咲江が重盛の事務所を訪ねて来ました。

 

ここで咲江が衝撃の事実を告白します。

なんと咲江は14歳の時から
実の父から性的暴行を受けていたのです。

その事実を知った三隅は、
咲江の為に山中を殺したのです。

咲江は三隅を救う為に
法廷で証言したいと申し出ます。

これは減刑に向けて追い風となります。

 

ここで重盛は、
ある可能性を疑います。

真犯人は咲江で、
三隅は彼女を庇っているのでは??

 

 

重盛は三隅と面会します。

重盛
「あたなたにとって咲江さんは、
娘さんの代わりだったんですね?

あなたは咲江さんを救う為に
彼女の父親を殺した。

彼女の殺意をあなたが忖度した。」

三隅
「あの子、そんな事を言ったんですか?
嘘ですよ!そんな話。」

重盛
「嘘ですか?
どうして彼女が嘘を付くんですか?」

三隅
「それは本人に聞いて下さい。」

重盛
「どうやってあの河川敷まで
社長を呼び出したんですか?

普通はクビにした男には付いて行きません。」

三隅
「偽装の事で呼び出しました。
食品偽装です。

月に1度、
出所が分からない小麦粉が
内緒で運ばれてくるんですよ。

それを安い値段で買って
すり替えるんです。

汚い仕事です。」

重盛
「あの50万円は‥」

三隅
「その仕事の報酬です。」

重盛
「裁こうとしたんですか?
あの母親の事を。

夫と娘の事を見て見ぬふりしたから‥」

 

その後、
三隅は急に態度を変えて、
無罪を主張し始めました。

警察にも弁護士にも
「認めれば死刑にならない」
と説得されたから認めてしまったと‥

 

重盛
「ここに誰か来たの?
本当の事を教えてくれよ!!」

重盛は何が真実か分からず混乱しています。

確かに目撃者もおらず、
検察側の根拠は自白だけです。

 

 

落ち着きを取り戻した重盛は悟ります。

三隅が否認し始めた理由は、
咲江に法廷で証言させない為です。

もしも咲江が法廷に立って
性的暴行の事実を証言すると
彼女自身が傷付きます。

 

重盛は依頼人の三隅の意思を尊重し、
容疑を否認する事にしました。

すなわち咲江は、
法廷で証言する必要はありません。
(三隅が殺人を否認する場合、
咲江が性的暴行を受けていた事実を
法廷で証言しても意味がない。)

もちろん否認して敗訴した場合、
死刑は決定的です。

 

スポンサーリンク

結末

裁判が行われ、
三隅は重盛との打ち合わせ通り
殺人を否認しました。

裁判は休廷となり、
裁判官、弁護士、検察で話し合いが行われます。

争点を変更する場合は、
公判を最初からやり直す必要があります。

悩んだ挙句、
裁判長は続行を決めます。

裁判官もスケジュール通りに
数をこなさいないと評価に響きます。

そもそも最初からやり直しても
三隅の有罪は決定的なのです。

 

少し時は流れて、
三隅は死刑を宣告させれました。

三隅は清々しい表情で
重盛に感謝の言葉を伝えました。

法廷を出た重盛は
咲江に声をかけました。

重盛
「すまない。」

咲江
「あの人の言う通りでした。
ここでは誰も本当の事は話さない。

誰を裁くかは、
誰が決めるんですか?」

 

後日、
重盛は三隅の面会に向かいます。

重盛
「否認した理由を考えていました。

否認すれば咲江さんに
辛い証言をさせずに済む。

そう考えました。」

三隅
「そう考えたから
私の否認に乗ったんですか?」

重盛
「ええ。違うのかな?」

三隅
「でも、いい話ですね‥
それはいい話だ。

生まれてこなければよかった。
そう思い続けていました。」

重盛
「何故ですか?」

三隅
「居るだけで周りを傷付けるんです。

重盛さんが話した事が本当なら
私でも役に立つことが出来る。」

重盛
「人殺しでも?」

三隅
「ええ。
本当ならですけどね‥」

重盛
「それはつまり‥
僕がそう思いたいだけ‥
って事ですか?」

三隅
「ダメですよ!重盛さん。
僕みたいな人殺しに
そんな事を期待しても。」

 


やはり重盛には真相が分かりませんでした。

 

・少しだけ考察

真相は分かりません。
ここからは予想。

娘がいた三隅が
咲江を救いたかったのは本当でしょう。

三隅は咲江を救うと同時に
咲江の両親を裁く事にした。

父親を殺害して、
母親を共犯者に仕立てた。

ただし父親を現場に呼ぶには、
咲江の協力が必要だったんだと思います。

被害者を呼び出したのは咲江、
殺害の実行犯が三隅という構図です。

三隅が否認し始めた理由は‥

・咲江が証言して傷付かない事
・咲江が共犯者だとバレない事

この2点だったと思います。

まぁ真相は分からないんだけどねぇ‥