「コールドケース2(日本版)」1話あらすじ、ネタバレ結末

「コールドケース2 真実の扉」の
第1話のネタバレです。

あらすじ

1971年の横須賀、
学生と機動隊が衝突する
横須賀暴動が発生しました。

そして現在(前作から2年後)、
主人公の石川百合は
神奈川県警捜査一課の警部です。

ある日、
大学の敷地内で白骨死体が発見され、
百合は相棒の信次郎と現場に向かいます。

百合と信次郎が現場に到着すると
同僚の立川と金子も来ていました。

白骨遺体の身元は、
横須賀暴動に参加していた
学生の橋本誠司だと判明します。

時効が成立している可能性が高いので、
立川達はやる気がない様子。

橋本の遺体の傍には
古い鍵が落ちています。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

数日後、
橋本の娘を名乗る女性が
捜査一課を訪ねて来ました。

彼女の母親・花岡サチも
橋本と同じように
暴動に参加していました。

花岡は今でも橋本が
生きていると信じていました。

毎年海外から手紙と
お金が送られて来ていたからです。

犯人が贖罪の気持ちで
お金を送っていた可能性も‥‥

 

百合と彼女の上司の本木は、
時効不成立の可能性を疑い捜査を開始します。

 

橋本は肋骨が数本折れており、
リンチされた可能性があります。

 

花岡と橋本が最後に会ったのは、
横須賀暴動の日です。

機動隊員の死を間近で見た橋本は、
「俺たちは人殺しだ‥
こんなんで日本が変わるのか?」
と仲間に尋ねました。

橋本は殴られて
どこかに連れて行かれました。

橋本を殴ったのは
彼の親友の松田という男で、
今は大学で先生をしています。

 

百合と信次郎は松田から話を聞きます。

松田が橋本を殴った理由は、
他の仲間に橋本が粛清されるのを防ぐ為でした。

過激派のリーダーは西永保という人物で、
新左翼の大物で今でも指名手配中です。

西永が橋本の発言を聞いていたら‥‥

 

そんな中、
百合は本木から
カウンセリングに行けと命じられます。

百合は2年前に赤松を射殺してから
強いトラウマを抱えているのです。

今でも銃を構えると
赤松の顔がよぎります。

 

病院からの帰り道、
百合は何者かに尾行されます。

百合は尾行に気付きますが、
相手を特定する事はできませんでした。

 

次の日、
捜査一課に公安の人間が現れ、
「西永を追うのは諦めろ」
と本木に告げました。

 

その後、
本木は元公安の刑事で
今は警察学校の教員を務める
杉崎雄一の元を訪ねます。

杉崎は現役の時に
横須賀暴動に機動隊として参加し
その後は西永保を追っていました。

元公安の杉崎は
本木に情報を漏らしません。

そこで本木は、
もしも西永を逮捕した時は、
自分達も時間が欲しいと頼みました。

 

それから数日後、
公安が西永を逮捕します。

杉崎の働きかけによって、
百合は事情聴取をする事になりました。

西永は橋本が
弱気になっている事に気づいていましたが、
それと同時に彼を気に入ってもいました。

横須賀騒動の後、
西永は橋本に米軍基地の
武器庫の鍵を渡しました。

基地に侵入する予定なので、
重要な武器庫の鍵を
橋本に預けたのです。

裏切り者から警察に情報が流れ、
米軍基地侵入の作戦は頓挫しています。

西永によると、
鍵を渡された後、
橋本は花岡と話していたようです。

 

百合は再び花岡家を訪ねます。

花岡は米軍基地への侵入に反対しました。

リスクが高い上に
逃げても指名手配されるからです。

ここで花岡は橋本に
妊娠を告げています。

橋本は産まれる子供の為にも
自分は米軍基地に行くと答えました。

どうしても橋本を助けたかった花岡は、
警察に情報をリークしたのです。

 

しかし計画が頓挫する前に
橋本は殺害されています。

 

妊娠を知っていた人物となれば
親友の松田が怪しくなります。

百合たちが松田を調べると
彼がイスラム教を研究している事が判明します。

花岡家に届いていた手紙も
中東からの物が多いようですが‥‥

 

スポンサーリンク

結末

百合たちは大学に行き松田に会います。

松田はお金を送った事を認めます。

あの日、
米軍基地への侵入を決めた橋本は、
親友の松田に腕時計を託しました。

自分が戻って来ない時は、
お金にして花岡に渡して欲しいと‥

 

一方で松田は橋本に
西永を見限って他の組織に
移らないかと提案しました。

橋本は他の組織をバカにして
松田の提案を退けます。

しかし2人の会話を
その組織の人間が聞いており、
橋本はボコボコにされました。

後悔した松田は、
お金を送り続けていたのです。

ただし松田の話では、
その組織の人間は橋本を
殺しても埋めていません。

 

当時の学生の資料を調べた本木は、
花岡の自宅を訪れた後に
杉崎の元を訪ねます。

実は杉崎は橋本と同じ大学の
夜間学部に通っていました。

そこで夜間学部の学生だった
花岡と知り合い友人になりました。

すなわち花岡がリークした相手は杉崎です。

 

花岡の話を聞いた杉崎は仲間と共に
過激派のアジトに向かいました。

その途中で、
ボコボコにされた橋本を見つけました。

横須賀暴動の際に、
機動隊員が何人か殺されており、
杉崎たちは彼らの復讐の為に
橋本にとどめを刺したのです。

 

後日、
百合は松田が預かった腕時計を
花岡親子に渡しました。

2話のネタバレへ

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す