映画「聲の形」あらすじ、ネタバレ結末

映画「聲の形」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

冒頭(4月)、
高校3年生の石田将也は、
アルバイトを辞めます。

さらに部屋の荷物を全て売り払い
銀行で貯金を全ておろして
「お金返します」と書いた封筒を
母親の枕元に置きました。

家を出た将也は橋に行き、
飛び降り自殺を試みますが、
死ぬ勇気はありませんでした。

 

話は6年前に遡ります。

小学6年生の将也はやんちゃ坊主でした。

そんなある日、
将也のクラスに先天性の聴覚障害を持つ
西宮硝子という女の子が転校してきました。

彼女は「筆談用」と書いたノートで
クラスメイトと会話しようとします。

佐原みよこは優しく接しますが、
植野直花と川井みきは他の女子や教師に
特別扱いされる硝子に嫉妬します。

将也は友達になって欲しいと言われますが、
「気持ち悪い」と言って
硝子に砂をかけました。
(硝子は上手く喋れない)

 

そんな中、
将也のクラスでは、
手話を勉強する事になりました。

 

 

 

スポンサーリンク

ネタバレ

やがて将也たちは、
硝子をいじめるようになりました。

そんな中、
将也が硝子の補聴器を耳から取って
彼女の耳から血が出ました。

将也は教師に怒られ
いじめはエスカレートします。

 

また別の日、
硝子の母親から学校に連絡が入ります。

硝子の補聴器が5ヶ月で
8個も紛失しているのです。

学級会が開かれて、
将也1人だけがいじめの
犯人として名指しされました。

一緒にいじめていた島田と広瀬も
将也を裏切りました。

美容師である将也の母親が
補聴器代の170万円を弁償し、
硝子の母親に何度も頭を下げました。

次の日から
将也がいじめられるようになりました。

水をかけられ、靴を隠され、
机には落書きをされます。

 

少し時は流れて
西宮硝子は別の学校に転校しました。

将也は孤立し、
中学でも島田の発言によって
友達ができる事はありませんでした。

将也は中学生にして、
「自分が犯した罪は自分に跳ね返る」
と悟りました。

罰を受けるべきだと思い、
自殺を考えるようになったのです。

 

そして現在、
自殺を諦めた将也は
何もない部屋で目覚めます。

自殺しようとした事がバレて
母親にとてもとても怒られ
「自殺はしません」と約束しました。

 

将也は手話を覚えて
硝子が通う手話サークルを訪れます。

彼女と再会した将也は
「友達になって欲しい」
と手話で伝えます。

硝子は涙を流しました。
(硝子の返答は不明)

将也は高校に登校します。

完全に心を閉ざしているので、
学校に友達はいません。

同じクラスには川井みきがいるようです。

 

将也はヤンキーに絡まれる
同級生の永束友宏を助けます。

その代わり、
将也はヤンキーに自転車を奪われました。

再び硝子に会いに行きますが、
彼女の妹の結弦に追い返されました。

将也が落ちこんで帰っていると
永束が将也の自転車を持って
声をかけてきました。

永束は
乗り捨てられた自転車を見つけて
将也の家まで運んでいたのです。

将也は永束と友達になりました。

映画を観て、ファストフードを食べ、
普通の高校生活を送ります。

 

「友達になるのに資格は必要ない」
と永束に言われた将也は、
手話サークルを訪れます。

再び結弦に阻止されますが、
永束も駆け付け騒動になります。

その結果、
硝子が将也の存在に気付きました。

2人は橋の上で話します。

筆談ノートが川に落ちてしまい、
将也と硝子が川に飛び込みます。

その様子を撮った結弦は
ネットで拡散しました。

職員室に呼び出された将也は、
停学処分となりました。
(飛び込み禁止の川だった)

姪のお迎えを頼まれた将也は、
立ち寄った公園で結弦と再会します。

結弦が家出中だったので、
将也は彼女を家に連れて帰ります。

将也は結弦が男だと思っていた様子。

結弦は写真を拡散した事で
姉の硝子に叱責されて家を出たようです。

将也が結弦を送って行くと
硝子と結弦の母・八重子が出てきて
将也の頬を叩きました。

もちろん将也は何も言いません。

 

後日、
将也は永束を硝子に紹介します。

将也と硝子は
メールアドレスを交換して、
連絡を取り合うようになりました。

将也は硝子に
「佐原みよこに会いたい」
と頼まれます。

佐原みよこは、
硝子と仲良くした事でいじめを受け、
不登校になった子です。

将也は勇気を出して川井に声をかけ、
佐原が通う高校を知ります。

 

将也は硝子を連れて
佐原の通う学校に向かいますが、
偶然にも駅で彼女と再会しました。

佐原は手話の勉強を続けており、
硝子との再会を喜びました。

硝子も嬉しそうです。

佐原と硝子を2人きりにさせた将也は、
偶然にも街中で植野直花を発見しました。

次の日、
将也に佐原からメールが届きました。

また1人友達が増えました。

 

 

別の日の放課後、
植野が将也に声をかけてきました。

小学生の時、
植野も硝子をいじめていました。

その責任を将也に押し付けた事を
後悔していたようです。

その場に硝子が現れます。

2人が一緒にいる様子を見て、
植野は「あり得ない」と爆笑しました。

 

一方で硝子は、
将也に恋心を抱き始めていました。

髪をポニーテールにしてみたり‥‥

ある日、
硝子は勇気を出して将也に
「好き」と言います。

しかし将也は、
聞き取りずらいので
「月」だと勘違いします。

将也は川井と話すようになり、
彼女と仲が良い真柴智とも
親しくなりました。

将也、硝子、結弦、永束、
佐原、植野、川井、真柴の8人で
遊園地に行く事になりました。

一同は楽しい時間を過ごしますが、
植野の差し金で将也は島田と再会します。

植野は将也と島田に
仲直りしてもらおうと考えたのです。

しかし、
2人とも仲直りを望んでいません。

将也は植野に辛くあたります。

植野は将也に好意を寄せており、
硝子に嫉妬しています。

植野は硝子を観覧車に連れ込んで
硝子に酷い事を言いました。

 

次の日、
将也が登校すると真柴が
過去のいじめの話をしました。

将也と川井が口論となり、
川井は将也が硝子をいじめていたと
教室内で口にしました。

真柴の事が好きな川井は
「自分はとめたのに」
と嘘を付きます。

 

将也は教室を飛び出します。

その後、
遊園に行った8人が集まり、
いじめの件を話し合います。

お互いを責め合うだけです。

 

 

将也は自暴自棄になり
川井、真柴、佐原、永束に
酷い事を言ってしまいます。

将也は再び孤立しました。

 

硝子と結弦の祖母・いとが他界します。

将也はいつも強気の結弦が
1人で泣いている姿を目撃します。

結弦から祖母の事を聞いた将也は、
硝子を元気付けようと考え
彼女を外に連れ出します。

硝子は
「私と一緒にいると不幸になる」
と手話で将也に伝えます。

 

スポンサーリンク

結末

ある日、
将也は八重子の誕生日パーティに誘われます。

最初は不機嫌だった八重子も
将也の変化を受け入れました。

こうして4人で花火大会にも行きます。

結弦と八重子は気を遣って
将也と硝子を2人っきりにします。

将也は花火ではなく
硝子ばかり見ています。

そんな中、
硝子が先に帰ると言いました。

将也が硝子を追いかけると
彼女が自宅のベランダから
飛び降りようとしていました。

将也は彼女を引き上げますが、
逆に自分が転落してしまい
意識不明の重体に陥りました。

結弦と八重子は
将也の母の美也子に土下座します。

植野は硝子を傷付けますが、
美也子にとめられます。

 

別の日、
硝子と永束が見舞いに行きますが、
植野が病室に入れてくれません。

 

硝子は永束に
「私が壊したモノを取り戻したい」
と頼みました。

永束は川井と真柴を連れてきます。
硝子は2人と和解しました。

さらに硝子は、
佐原と植野の元を訪ねます。

 

そんなある日の夜、
硝子は将也が消える夢を見て
いつも会う橋に向かいます。

時を同じくして、
将也は病室で目を覚まし橋に向かいました。

将也
「もう元気だからそんな顔しないで。

ごめんなさい。
昔の事、ちゃんと謝ってなかったから。

もっと話がしたかったんだ。

でも俺は君を傷付けて
最悪な選択をさせちゃった‥」

硝子
「私がいなくなればいいって‥
ごめんなさい‥」

将也
「西宮。
夢の中で君と話してた。

俺も西宮と同じことを考えてたけど、
死に値する事ではないと思ったよ。

皆にも謝りたい。

君に生きるのを手伝って欲しい。

キモイ事言っちゃった‥
今の忘れて!!」

硝子は笑みを浮かべました。

 

将也が退院すると
八重子が美也子の店で
髪を切っていました。

さらに結弦は将也に
勉強を教えて欲しいと頼みました。
(結弦はほとんど学校に行っていなかった)

 

将也の高校で文化祭が行われ、
将也は硝子を招待します。

2人が一緒に歩いていると
永束が声をかけてきました。

将也は永束と仲直りします。
(そもそも永束は怒っていない)

真柴と川井とも仲直りします。
2人は入院した将也の為に
千羽鶴を折っていました。

植野と佐原も姿を現します。

植野は手話で硝子に話しかけ、
硝子は笑顔で応えました。

将也は皆で文化祭を回りたいと頼みます。

仲間と文化祭を回った将也は
やっと周囲に心を開きました。

世界が開けた将也は
大勢の前で涙を流しました。

 

映画を観るならU-NEXTがオススメです。

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す