「半分、青い」第25週149話あらすじ、ネタバレ

今回は9月21日に放送された
「半分、青い」第149話のネタバレです。

ゾートロープを思い出した律は
羽の回転数を変更する事によって、
そよ風の扇風機を完成させました。

スポンサーリンク

149話のストーリー

ある日、
律が出社するとそよ風ファンと
そよ風ファンのデータが盗まれていました。

その場に鈴愛が現れ、
津曲の犯行ではないかと推理します。

鈴愛は恵子のオフィスに向かいます。

恵子も津曲が怪しいと言いました。

 

案の定、
津曲はそよ風ファンを
大手メーカーに持ち込んでいました。

鈴愛、律、恵子からの電話には出ません。

応接室で待っていた津曲に
息子の修次郎から着信が入りました。

マスクの件で先生に怒られたのです。

津曲は
「マスクを取らなくていい。
学校は早退しなさい。
お父さんが先生に話しておく」
と優しく伝えました。

修次郎と話した津曲は改心し、
メーカーの人間に頭を下げて
律にそよ風ファンを返しました。

律はまったく怒らず、
メーカー側の反応を聞きます。

しかし津曲は、
プレゼンまで至っていませんでした。

ここで律は鈴愛に
このままでは売れないと告げます。

そよ風ファンは安く見積もっても3万円前後‥

モーターが高過ぎるのです。

律は津曲に協力を求めます。

生産や販売に関しては
津曲は多少頼りになります。

 

そんな中、
修次郎がやって来ます。

津曲は自分の会社が
倒産した事を打ち明けました。

修次郎は今の津曲も
カッコイイと応えました。

修次郎の話を聞いた津曲は、
律と鈴愛に協力する事を決心しました。

150話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す