「半分、青い」第24週142話あらすじ、ネタバレ

今回は9月13日に放送された
「半分、青い」第142話のネタバレです。

律は鈴愛と共に入院した晴を見舞い
鈴愛と一緒に起業したと伝えました。

それから数日後、
晴の手術は無事に成功しました。

スポンサーリンク

142話のストーリー

律はそよ風の研究を進めています。

律の話を聞いた津曲は興味を示しました。

 

晴は退院して
梟町の家に戻りました。

鈴愛は東京に戻ります。

 

一方で津曲の元には
彼の息子の修二郎がやって来ました。

津曲と修二郎は離れて暮らしており、
津曲は会社が倒産した事を話していません。

趣味でラーメンを作っていると嘘を付きます。

 

修二郎は
子供の時にイジメに遭い、
常にマスクをしています。

津曲がラーメンを作ると
修二郎はマスクを外しました。

ちなみに修二郎の母親は、
津曲が務めていた会社の部長です。

 

1ヶ月の時が流れて、
律はスモークマシーンを使って、
風を可視化しました。

扇風機の風には渦があり、
そよ風には渦がありません。

この渦をなくす事がポイントです。

 

そんなある日、
草太が鈴愛に電話をかけてきました。

手術の時の組織検査の結果、
5年生存率50%と診断されたのです。

思ったよりも進行していたのです。

 

そのころ晴は、
鈴愛が子供の時に律と作った
ゾートロープを見ていました。

晴は鈴愛の名前を呟きます。

 

するとその場に草太がやって来て、
週末に鈴愛が帰省する事を伝えました。

143話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す