「半分、青い」第24週141話あらすじ、ネタバレ

今回は9月12日に放送された
「半分、青い」第141話のネタバレです。

会社を辞めた律は鈴愛と共に
そよ風の扇風機を作り始めました。

そんな中、
晴の容態が急変しました。

スポンサーリンク

141話のストーリー

晴の容態が急変しました。

草太から連絡を受けた鈴愛は、
律にその事を伝えます。

鈴愛と律の2人は
晴が搬送された病院へと向かいました。

宇太郎は空気を読んで
草太を連れて飲み物を買いに行きます。

晴と宇太郎は何かを企んでいます‥‥

晴は弱気になったフリをして、
鈴愛の将来が不安だと呟いて
律の事を見つめました。

鈴愛と律が結婚して欲しいと
暗にほのめかしているのです。

少し気まずくなった律は、
鈴愛と扇風機を作っていると伝えます。

しかも鈴愛と2人で
会社を立ち上げたと‥‥‥

晴は大喜びして
長生きすると言いました。

 

病室を出た鈴愛は、
律に本気なのかと尋ねます。

律は思わず言ったのではなく、
本気で考えていたようです。

会社名は「スパロウリズム」です。

それから数日後、
晴の手術が行われました。

鈴愛は手術を待つ間
律に渡された参考書で
風について勉強します。

律が参考書に
晴の手術が成功するという
パラパラ漫画を描いていました。

漫画に気付いた鈴愛は涙を流します。

手術は無事に成功し、
鈴愛たちは晴と再会しました。

 

そのころ律は、
1人で風の研究を進めています。

142話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す