ドラマ「満願 第二夜(夜警)」あらすじ、ネタバレ結末

8月15日に放送された
「夜警(安田顕)」のネタバレです。

あらすじ

主人公の柳岡(安田顕)は、
緑川交番に勤務する警察官です。

2日前に部下の川藤を
目の前で亡くしています。

 

川藤は刃傷沙汰になった
夫婦喧嘩を止めようとして
殉職しました。

夫も川藤に撃たれて死亡しており、
世間は「妻を守った警察官」と
川藤を称賛しています。

しかし柳岡は日頃から
「川藤は警官に向かない性格だ」
と考えていたので違和感を覚えます。

 

川藤は酔っ払いを取り押さえる為に
拳銃に手を伸ばしたり、
仕事中に居眠りをしていたり、
書類箱の鍵をかけ忘れたり、
警察官に向かない部分があったのです。

元刑事の柳岡は
厳しい事で有名でしたが、
かつて部下に自殺されているので、
川藤に厳しく接する事はありませんでした。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

葬儀から数日が経った頃、
柳岡は川藤の兄の家を訪ねて
川藤に線香をあげました。

柳岡
「彼は立派な警官でした。」

川藤の兄
「本当にそう思っていますか?

ダメな弟でした。
警察官になったらダメな奴です。

辞めさせて欲しかったです。

俺はあいつの事をよく知っています。
頭は悪くないが肝っ玉は小さい。

それに銃が好きだった‥

銃を撃つために海外旅行に行き、
早撃ちの自慢ばかりしていました。

警察官になった事よりも
銃を持った事を喜んでた。

あいつが死んだ現場にいたんですよね?
本当は何があったんですか?

あいつは小心者です。
人質を守ろうとして発砲したなんて違う。

そんな立派な死に方を
俺の弟がするはずがないんですよ。」

柳岡は事件の日の事を語り始めます。

 

事件当日、
朝からおかしな事が続いていました。

朝、
亡くなった田原の妻が
交番に来て旦那に殺されると
柳岡たちに相談していました。

田原の妻の話では、
旦那は妻の浮気を疑っていました。

柳岡はパトロールを強化して
生活安全課に伝えとくと言って
田原の妻を帰らせました。

昼頃、
柳岡は認知症の老人を探す為に
川藤を残して同僚とパトロールに出ました。

交番に戻ると、
目の前の工事現場で事故が起きた
と川藤が報告しました。

川藤の話では、
車が跳ね上げた小石が
作業員にあたったようです。

幸いにも作業員は軽傷でした。

 

夜中0時頃、
「田原が刃物を振り回している」
という通報がありました。

柳岡は川藤を含む部下2名を連れて
田原家に急行しました。

柳岡が田原を説得しようとしましたが、
川藤の「諦めろ!緑川交番だ」という
言葉を聞いた田原は顔色を変えて
川藤に襲いかかりました。

すると川藤が早撃ちで
田原を射殺しました。

この際、
川藤も田原にナイフで刺され
命を落としました。

川藤は死の間際に
「こんなはずじゃなかった。
上手く行くはずだったのに。」
と言いました。

川藤は5回発砲して、
4発命中していました。

外れた1発は庭に落ちていました。

 

 

柳岡は外れた1発は、
威嚇射撃だったのではないかと
川藤の兄に語ります。

ここで川藤の兄は、
柳岡の考えに疑問を抱きます。

本当に威嚇射撃をしたのか‥‥

川藤の兄
「あの日、
弟から留守電があったんです。
大変な事になった』と。

何の事か分かりますか?」

柳岡
「その時間はパトロールに出ていました。
彼は1人で留守番をしていました。」

川藤の兄
「あいつが大変だという時は、
俺に尻拭いをさせたい時です。」

 

スポンサーリンク

結末

川藤の兄の言葉を聞いた柳岡は、
1つの可能性に辿り着き、
交番の前に向かいます。

 

川藤は柳岡たちがいない間に
拳銃を触って遊んでいました。

その時、
誤って発砲してしまったのです。

その銃弾は作業員の
ヘルメットにあたりました。

現場に駆け付けた川藤は
作業員の無事を確認して
弾丸を回収しました。

 

しかし勤務が終われば
拳銃を返す必要があります。

発砲した事がバレてしまいます。

川藤は暴発を隠蔽する為に
田原に電話をかけて、
緑川交番の警察官が奥さんと
浮気をしていると嘘を付きました。

 

この日の夜、
川藤の予想通り田原が妻を刺そうとします。

現場に駆け付けた川藤は、
発砲済みの弾丸を庭に置いて、
残りの弾で田原を射殺しました。

しかし、
田原は最後の力を振り絞って、
妻の浮気相手だと思っている
警察官(川藤)を殺したのです。

 

雨が降りしきる中、
柳岡は傘もささずに
帰路につきました。

ただ虚しさだけが残りました。

「万灯」のネタバレへ

 

「満願」のネタバレへ

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す