「半分、青い」第19週113話あらすじ、ネタバレ

今回は8月10日に放送された
「半分、青い」第113話のネタバレです。

藤堂と裕子が楡野家にやって来ました。

酔っ払った藤堂は、
律にプロポーズされた時の
鈴愛の本心を口にしました。

スポンサーリンク

113話のストーリー

律に藤堂の言葉の真意を
尋ねられた鈴愛は、
誤魔化そうとします。

既婚者である律は、
「気持ちには応えられない」
と告げます。

しかも律は、
プロポーズ後の鈴愛に真意を
すでに知っていました。

律が結婚した際に
菜生が喋ったようです。

藤堂、裕子、楡野家の面々は、
2人のやり取りを優しく見守っています。

 

一同が寝静まった頃、
鈴愛は食堂で裕子と語り始めます。

裕子はある悩みを打ち明けます。

裕子は看護師になる為に
看護学校に通っていますが、
実習が始まって自信を失っています。

改めて自分がお嬢様で、
今まで周囲の人間に
守られていたと気付いたのです。

裕子は、
一緒に秋風の下で修業した鈴愛に
話を聞いてもらうために
岐阜まで来たようです。

鈴愛は裕子が看護師になったら
自分が仙台まで会いに行くと約束しました。

 

それから数日後、
龍之介と律がつくし食堂に現れます。

龍之介は自分の会社で
鈴愛を雇おうかと申し出ました。

晴は大喜びしますが、
鈴愛は辞退しました。

ここで鈴愛は、
「私は社長になる」
と宣言しました。

114話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す