「半分、青い」第18週108話あらすじ、ネタバレ

今回は8月4日に放送された
「半分、青い」第108話のネタバレです。

鈴愛は祥平の家を訪ねて
涼次と話し合いました。

それでも戻らない涼次に
帰って来て欲しいと懇願しました。

スポンサーリンク

108話のストーリー

鈴愛の願いもむなしく、
涼次は帰ってきませんでした。

涼次の決意の固さを知った鈴愛は、
涼次を祥平に託して、
岐阜に帰る事にしました。

上京して初めて岐阜に
帰りたいと思ったのです。

桜が咲く頃、
鈴愛は藤村三姉妹と
田辺に別れを告げて、
花野と岐阜に帰りました。

藤村三姉妹は本当に寂しそうです。

鈴愛が夕方頃に実家に帰ると
つくし食堂が大繁盛していました。

外に列ができているので鈴愛はビックリ。

偶然にもこの日は
龍之介が食べに来ていました。

龍之介は家業を継いだ上に
菜生ちゃんと結婚しました。

子供は菜生に似ています。

 

鈴愛が急に帰って来たので、
仙吉や宇太郎もビックリします。

帰省した理由を聞いた
晴たちは唖然としています。

龍之介や他の客も気まずそうです。

花野と龍之介はすぐに仲良くなります。

さらにその場に律が現れました。

2人の第二章の始まりです。

109話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。

スポンサーリンク



コメントを残す