ドラマ「不能犯」1話あらすじ、ネタバレ 動画もみたい

ドラマ「不能犯」の
第1話(隠したい過去)のネタバレです。

あらすじ

主人公の宇相吹正は、
依頼を受けて人を殺す殺人者です。

立証不可能な方法で殺すので、
警察は立証する事ができません。

 

今回の依頼人は、
加島夏美という若い女性です。

夏美は一流企業の社長の息子の
風間雅之と婚約しました。

まさに幸せの絶頂です。

彼女には
AVに出演した過去がありますが、
もちろん風間には秘密にしています。

夏美は自己顕示欲が強く、
豪華な食事やブランド品を
SNSにアップしています。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

そんなある日、
夏美は風間に後輩の
矢崎太一を紹介されました。

矢崎は高級和食料理屋の板前で
夏美と風間は矢崎の店で食事をします。

 

それから数日後、
夏美は街で矢崎に声をかけられます。

何故か矢崎は、
夏美の過去について知っていました。

矢崎は口止め料と体を要求します。

夏美は矢崎に体を許し、
木島ファイナンスで借金をして
口止め料を払いました。

木島は高利の金貸し屋で、
返済できない者には容赦ありません。

 

夏美は何度も体を許し、
数百万円を矢崎に渡しました。

夏美は関係を終わらせようとしますが、
矢崎は自分と夏美の様子を
隠しカメラで撮影していました。

 

絶望した夏美はネットで
殺人代行について調べて
電話ボックスの男」を見つけます。

ある電話ボックスに殺しの依頼と
連絡先を書いた紙を貼れば、
無料で殺してくれるというのです。

夏美は半信半疑ながら
電話ボックスに紙を貼ります。

 

すると数日後、
夏美に男から電話がかかって来ました。

呼び出された場所に向かうと
黒いスーツの男(宇相吹)が現れます。

夏美は宇相吹に
矢崎と風間の3人で撮った写真を見せて、
自分の過去を知って脅す人間
殺して欲しいと依頼しました。

 

宇相吹は矢崎の前に姿を現して、
夏美から殺しの依頼を受けたと告げました。

 

スポンサーリンク

結末

別の日、
夏美は風間と共に矢崎の店に行きます。

矢崎はあんこうを捌こうとしますが、
目の前に宇相吹が現れました。

宇相吹の左目が赤色に輝いています。

宇相吹
「今から捌くんですか?
気を付けて下さいね。」

意識が朦朧とした矢崎は、
誤って風間を刺し殺してしまいます。

動揺した矢崎は店を出て
見つけた宇相吹を追いかけますが、
車に撥ねられて死亡しました。

 

その後、
夏美は宇相吹に風間を殺した理由を聞きます。

実は風間も夏美の過去を知っていたのです。

夏美の過去を知った風間は、
自分に嘘を付いた罰として
矢崎に夏美を売ったのです。

宇相吹
「これであなたの過去を
知る人は消えました。
お幸せに。」

 

時は流れて、
借金が返せなくなった夏美は、
自殺に見せかけて殺されました。

夏美の殺害現場に
刑事の多田友子が現れて終了です。

2話のネタバレへ

 

「不能犯」はdTVで視聴できます。

ネットから登録すると
31日間無料なので、
タダで「不能犯」を楽しめます。

公式サイトで確認する

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す