「半分、青い」第18週103話あらすじ、ネタバレ

今回は7月30日に放送された
「半分、青い」第103話のネタバレです。

鈴愛は涼次を連れて
岐阜の実家に帰りました。

そして12月23日に岡田医院で
元気な女の子を出産しました。

スポンサーリンク

103話のストーリー

2002年の12月23日、
鈴愛は元気な女の子を出産しました。

鈴愛と涼次は娘に
花野(かの)という名前をつけました。

 

1年の月日が流れます。

藤堂と裕子が花野の
誕生日を祝うために
鈴愛の自宅にやって来ました。

裕子は仙台に引っ越すと報告しました。

旦那の仕事の都合のようです。

 

時を同じくして涼次は、
サンタクロースの服を着て
大納言で働いています。

祥平は雑誌にも載るほどの
有名な監督になったようです。

 

この日の夜
鈴愛と藤村三姉妹は、
花野の誕生日パーティの準備をします。

しかし、
涼次がなかなか帰ってきません。

5人で涼次を待つ中、
花野が熱を出しました。

鈴愛は急いで病院に連れて行きます。

パニックに陥った鈴愛は、
花野が失聴しないか不安になります。

花野の治療の間、
鈴愛は晴に電話をかけました。

鈴愛が病院にいると聞いた晴は、
「花野は大丈夫だからしっかりしなさい」
と励ましました。

一方で光江は、
何度も涼次に電話をかけていました。

やっと電話が繋がりますが、
出たのは女性でした。

光江は慌てて電話を切ります。

104話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す