「半分、青い」第17週99話あらすじ、ネタバレ

今回は7月25日に放送された
「半分、青い」第99話のネタバレです。

2年の月日が流れて
涼次は脚本を完成させました。

脚本を読んだ原作者の弓子は、
映画化に反省しましたが‥‥

スポンサーリンク

99話のストーリー

「名前のない鳥」の原作者・佐野弓子は
涼次の脚本を大絶賛しました。

映画化の話が決定すると、
祥平は自分が監督をしたいと
弓子に申し出ました。

祥平のファンである弓子は承諾します。

話を聞いた涼次は、
祥平が監督する事に納得します。

しかし鈴愛は納得できません。

 

その後、
「名前のない鳥」の映画化は
大々的に報道されました。

佐野弓子の作品が
映画化されるのは初めてなのです。

野鳥オタクの藤村麦は、
祥平に鳥について教えます。

 

祥平はプロデューサーの班目を呼び出し、
やはり涼次が監督するべきだと告げます。

班目は反対します。

 

次の日、
祥平は弓子の元を訪れます。

祥平
「涼次に脚本を返したい。
監督デビューさせたい。
お願いします。

あの時、
涼次に撮らせるつもりでしたよね?

俺に撮らせてくれ。
って俺が言ったから‥‥」

弓子
「そう。
あの時のあなたの目可哀想だった。
仕事がないんだな。って。」

祥平
「魔が差しました。」

弓子
「もうひっくり返せる訳ないでしょ。

親近感が湧いたの。
お金がなくて大学出てないの。

出版社の近くでバイトしたりした。
見苦しい事をいっぱいした。

あの時のあなたの
俺を使ってくれという目が
かつての自分みたいだった。

でもあなたはいい人なのね。
いい人は生き残っていけないよ?

競争なんだから!!
それがこの仕事。」

 

この日の夜、
祥平は涼次に電話して謝罪しました。

祥平はすぐに電話を切って
ベランダへと向かいました。

100話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す