「半分、青い」第16週95話あらすじ、ネタバレ

今回は7月20日に放送された
「半分、青い」第95話のネタバレです。

新居での生活を始めた鈴愛は、
涼次が開けてはいけないと言った
箱のフタを開けてしまいました。

スポンサーリンク

95話のストーリー

新居に残された鈴愛は、
箱を持って母屋に行きました。

開けてはいけないと言われた鈴愛ですが、
藤村三姉妹と箱を開けました。

中に入っていた物は、
涼次が書いた映画の脚本でした。

どの作品も面白いのですが、
全て完結していませんでした。

すると三姉妹は、
涼次は読書感想文でさえも
最後まで書けないと言いました。

光江の話では、
涼次は三日坊主で何も続きません。

まさに夢に夢を見るタイプです。

 

そのころ龍之介は菜生に
「責任取って」と迫られていました。

2人は動物園に行っただけですが‥‥

完全に菜生のペースなので、
龍之介は彼女にプロポーズしました。

菜生は何かを企んでいる様子。

 

夜中の2時に
酔っ払った涼次が
祥平を連れて戻ってきました。

2人があまりにもうるさいので
鈴愛は涼次に水をかけました。

 

しかし藤村三姉妹は、
祥平の正体を知って、
彼を母屋に上げました。

三姉妹はご機嫌ですが、
鈴愛は不機嫌です。

特に麦は祥平と意気投合しています。

ここで鈴愛は祥平に
涼次が祥平の映画の為に
自分達のお金を使った事を
ぶちまけてしまいました。

96話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す