「半分、青い」第16週91話あらすじ、ネタバレ

今回は7月16日に放送された
「半分、青い」第91話のネタバレです。

鈴愛は婚約者の涼次を連れて
岐阜の実家に帰りました。

しかし涼次は挨拶する際に
緊張のあまり大笑いを始めました。

スポンサーリンク

91話のストーリー

涼次は鈴愛と共に
彼女の実家に向かいました。

しかし緊張した涼次は
大笑いを始めてしまいました。

宇太郎と晴は固まっています。

そんな涼次を救ったのは仙吉でした。

仙吉は涼次と同じように笑い始め、
その場を明るい雰囲気にしました。

 

挨拶には失敗した涼次ですが、
すぐに鈴愛の家族と打ち解けます。

宇太郎が1番楽しそうです。

その後、
涼次は仏壇に手を合わせて
廉子に挨拶しました。

この日の夜、
涼次は茶の間に用意された布団に入ります。

 

茶の間に入った鈴愛は
涼次が泣いている事に気付きました。

幼い時に両親を失っている涼次にとって、
楡野一家との触れ合いは
心温まるものだったのです。

鈴愛は、
「私が家族になるよ。」
と伝えて涼次を抱きしめました。

そして時が流れて、
岐阜の神社で鈴愛と涼次の
結婚式が行われました。

東京から藤村三姉妹も来ています。

皆が2人を祝福する中、
慣れない和服を着た鈴愛は、
転んでしまいました。

92話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す