「半分、青い」第14週79話あらすじ、ネタバレ結末

今回は7月2日に放送された
「半分、青い」第79話のネタバレです。

漫画が描けない鈴愛に秋風は
「漫画を描き始めた時みたいに
ネームなしで描いてみろ」
と提案しました。

スポンサーリンク

79話のストーリー

鈴愛は読み切り用の漫画を
ネームなしで描き始めました。

裕子と藤堂は協力を申し出ます。

鈴愛は裕子と藤堂に
酷い事を言ったと謝罪します。

鈴愛がオフィスを出てから
秋風は何かを描き始めます。

さて、漫画を描き始めた鈴愛は、
最初の数ページをすぐに描き上げますが、
その後のストーリーが思い浮かびません。

焦れば焦るほど思い浮かばず、
思い浮かばないと焦ります。

焦り過ぎた鈴愛は、
裕子に助言を求めますが、
それに意味はありません。

 

そんな中、
律が鈴愛に電話をかけてきました。

律は結婚した事を
直接報告しました。

鈴愛はあの別れを思い出しました。

こうして締め切り日を迎えました。

編集者がオフィスに現れますが、
漫画は完成していません。

鈴愛は必死に謝ります。

すると秋風がある物を取り出しました。

それは鈴愛がかつて考えた
月が屋根に隠れる」の原稿です。

原案は鈴愛、
作画は秋風で掲載しようと
秋風は編集者に提案します。

鈴愛は秋風の大きな愛を感じますが‥

80話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す