映画「いま、会いにゆきます」のストーリーを結末までネタバレ

今回は「いま、会いにゆきます」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

秋穂巧は妻の澪を亡くし、
息子の佑司と2人で過ごしています。

 

冒頭、
佑司の18回目の誕生日に
ケーキ屋の主人が誕生日用の
ケーキを届けに来ました。

森に向かった佑司は
12年前の事を思い出します。

 

 

12年前、
澪が亡くなって1年が経ちました。

周囲は佑司を産んだ事で、
澪は体調を崩したと考えています。

亡くなる前に澪は夫と息子に
雨の季節に戻ってくる
と言い残しています。

巧と佑司はその言葉を信じています。

 

巧は司法書士事務所で働いていますが、
脳の病気を患っています。

カレーもまともに作れません。

なので澪との思い出も
忘れ始めています。

その事を主治医の野口に相談します。

 

時は流れて、
梅雨の季節が訪れました。

ある日、巧と佑司は
佑司のお気に入りの場所である
森の廃工場に向かいます。

そんな2人の前に
白い服を着た澪が姿を現します。

澪は記憶を失っていますが、
巧と佑司は再会を喜びます。

 

澪を連れ帰った巧は、
記憶がない澪に自分の妻で
佑司の母だと教えます。

写真もあるので澪も信じます。

 

スポンサーリンク

〇ネタバレ

記憶を失っている澪ですが、
他に行く場所もないので、
秋穂家で過ごし始めます。

家の中で見つけた指輪は、
自分の指のサイズに合っています。

 

次の日から、
巧と佑司がやたら元気なので、
同僚も学校の先生も驚きます。

一方で澪は、
散らかった部屋の掃除をし、
2人のために料理を作ります。

 

また別の日、
巧は澪に自分達の
出会いについて話し始めます。

 

2人は高二の時に出会い、
巧が澪に片思いしました。

しかし高校の時は何もなく、
澪は東京の大学に行きました。

 

大学1年の時、
どうしても澪と再会したい巧は、
高校の時に貸したペンを口実に
澪に会いに行きます。

2人はそのままデートに行き、
手紙を送り合う仲になったのです。

 

 

梅雨の時期が続き、
3人の共同生活も続きます。

巧は担当医の野口医師に
澪が帰ってきたと話します。

野口は別れの時に
巧と佑司が悲しい思いをすると
不安に思います。


また別の日、
巧と澪は廃工場でキスをします。

澪は初めてのキスみたいと言います。

 

それから数日後、
佑司が澪と一緒に埋めた
タイムカプセルを持ち帰ります。

中には巧と澪の手紙、
そして澪の日記が入ってました。

 

中を確認しようとしますが、
巧が体調を崩して倒れてしまい、
澪は彼の看病をします。

澪はベッドの上で、
2人の出会いの続きを聞きます。

いい感じになった2人でしたが、
大学2年の春に巧が病を患いました。

脳の中の化学物質が
異常に分泌されているのです。

全てに絶望した巧は、
澪の前から姿を消しました。

 

大学を辞めて働き始めた巧の前に
澪が姿を現したのです。

巧は澪を冷たく突き放します。

それでも澪に会いたくなった巧は、
1人で東京に向かいました。

澪が男性と話す姿を見た巧は
声をかけずに去りました。

澪は白い服を着ています。

さらに時が流れたある日、
澪から巧に電話がかかってきました。

ひまわり畑に呼び出された巧は、
澪にプロポーズされたのです。

 

 

 

翌朝、
2人を送り出した澪は、
手紙と日記を読みます。

ここで澪は真実を知って、
涙を流しました。

 

 

この次の日から、
澪は佑司に家事を教え始めました。

庭にはひまわりの種を撒き、
ケーキ屋で佑司の誕生日ケーキを
12年分予約しました。

さらに巧の同僚の永瀬みどりに
巧と佑司の事を託そうともします。

澪は雨の季節が終わったら
巧と佑司の前から消えてしまうのです。

 

梅雨明けの前日、
澪は佑司の誕生日パーティーを
開きました。
(本当の誕生日は翌週)

そしてこの日の夜、
巧と澪は結ばれます。

 

そして梅雨明けが訪れ、
佑司は学校を早退して、
澪の元に駆け付けました。

2人は森の廃工場に向かいます。

その場に巧も現れて、
巧と佑司は澪に別れを告げました。

次の瞬間、
澪は姿を消してしまいます。

 

スポンサーリンク

〇結末

帰宅した巧も
澪の日記を読んで真実を知ります。

 

澪も高校の時から
巧が気になっていました。

大学2年の時、
自分に会いに来た巧を見つけ、
澪は彼を追いかけました。

そこで事故に遭い、
意識を失ってしまったのです。

病院で治療を受けている間、
澪は未来へタイムスリップしました。
(梅雨の時期に現れたのは20歳の澪)

 

未来を経験した澪は、
その記憶が残っている状態で
病院で目を覚ました。

巧と結婚すると
佑司を産んで命を落とすと知りながら、
澪は巧をひまわり畑に呼び出して、
彼にプロポーズしたのです。

それが自分の幸せだと。


巧と結婚して佑司を産んだ澪は、
将来タイムスリップする自分のために
日記を書き続けました。

そして亡くなる前に夫と息子に
雨の季節に戻ってくる
と伝えたのです。

 

冒頭に戻り、
18歳になったばかりの佑司は
母が予約したケーキと
父が作ったカレーを食べるのでした。

 

エンディングはオレンジレンジの「花」

映画を観るならU-NEXTがオススメです。

U-NEXT