映画「箱入り息子の恋」のストーリーを結末までネタバレ

映画「箱入り息子の恋」の
ネタバレを結末まで公開します。

夏帆のファンになったよ。(笑)

あらすじ

主人公は市役所に勤務する
35歳のバカ真面目な健太郎。

趣味はカエルの世話で
女性経験はもちろんありません。

彼は本当に真面目なので、
昼食の時間になると家に帰ります。

 

彼の父の寿男と母のフミは、
そんな息子を優しく見守りつつも
結婚して欲しいと思っている様子。

 

そんなある日、
寿男とフミは息子の将来を心配して
代理見合いに出席します。

そこでヒロイン・今井奈穂子の両親、
晃と玲子と知り合います。

健太郎の事を知った晃は
彼を対象外としました。

玲子は気になっているようですが・・・



次の日、
玲子は娘の奈穂子を連れて
買い物に出かけました。

その帰り道、
急に雨が降り始めました。

玲子は奈穂子を残して
駐車場に車を取りに行きます。


偶然通りかかった健太郎は、
濡れている奈穂子を見て、
傘を渡しました。

どうやら奈穂子は
目が見えないようです。


車で迎えに来た玲子は、
傘に書かれている名前を見て、
代理見合いの相手だと気付きました。

健太郎の人柄を知った玲子は、
本人同士の見合いを
セッティングしました。

乗り気ではない健太郎ですが、
両親があまりにも必死なので、
見合いする事にしました。


一方で、
奈穂子の父の晃も健太郎との
見合いに乗り気ではありません。

 

スポンサーリンク

〇ネタバレ

お見合い当日、
健太郎と健太郎の両親は、
奈穂子の目が不自由だと知ります。

健太郎の両親は動揺しますが、
健太郎は気にしていないようです。

 

会社の社長でもある晃は、
役所務めで昇進もしていない健太郎には、
奈穂子は守れないと決めつけます。

健太郎の両親は怒り、
玲子は必死に謝罪します。


そんな中、
健太郎は自分の欠点について
喋り始めます。

健太郎
「面と向かって笑われた事ありますか?
変な人だと言われた事はありますか?

見た目や着ている服や就職先なんかで
人は値踏みされてしまいます。

それをするのは
目が見えている人だけです。

ただお嬢さんはそんな事をしません。

お嬢さんに見えている物と、
今井さんに見えている物は、
違うんじゃないでしょうか。」

帰宅した健太郎は、
部屋の中で大暴れします。

かなり苛立っていたようです。

 

数日後の昼、
健太郎の昼休みに
玲子が訪ねて来ました。

奈穂子の気持ちを知った彼女は
2人だけで会わせる事にしたのです。

2人は公園で話した後、
健太郎行きつけの吉野家に行き、
牛丼を食べました。

(どうしよう‥奈穂子かわいい‥)

2人は惹かれ合ったようで、
また会う約束をしました。

2人は晃に内緒で
昼休みデートを重ねます。


さらに健太郎は、
昇進試験を受けようと考え、
勉強を開始します。

全ては奈穂子のために!!!


そんなある日、
健太郎は奈穂子に告白しました。

2人はそのままキス。
(玲子が見てますが‥)

 

健太郎の休みの日、
健太郎はコンタクトを付けて
奈穂子とのデートに向かいます。

ジャズを聴き、
(奈穂子に見惚れる)

公園を歩き、
(カエルの鳴きマネを披露)

ホテルへ。
(初めてだから失敗)

 

健太郎は奈穂子を
玲子の元に送り届けますが、
その場に晃が現れました。

玲子の行動を怪しんだのです。


2人の交際を知らない晃は激怒。

健太郎は土下座して、
認めて欲しいと頼みます。

しかし許せない晃は、
健太郎を突き飛ばして、
奈穂子を連れて帰ろうとします。

ここで晃と玲子がケンカを始め、
奈穂子が車道に飛び出してしまいます。

奈穂子を庇った健太郎は
車に轢かれて大怪我をしてしまいました。


これには健太郎の母・フミが大激怒。

意識を取り戻した健太郎は、
奈穂子に電話をかけますが、
繋がりませんでした。

もう会えないのでしょうか・・・・

 

スポンサーリンク

〇結末

 

やがて健太郎が職場に復帰します。

ある日の昼休み、
公園でパンを食べていた健太郎は、
偶然にも奈穂子を目撃します。

彼女が1人で歩いているので、
心配になり後を追いかけます。

奈穂子が向かった先は
吉野家でした。

健太郎は遠くの席から
奈穂子を見守ります。

健太郎は涙を流しながら
牛丼を食べる奈穂子に
声をかける事が出来ませんでした。


吉野家を出た奈穂子は、
晃に連れられて家に帰りました。

 

 

健太郎は職場に戻りますが、
奈穂子の事が気になってしまいます。

色々考えた結果、
健太郎は初めて早退して、
今井家に向かいました。

健太郎、
ダッシュダッシュダッシュ。

少し足が遅いので、
到着したら日が暮れていました。


もちろん普通には入れないので、
柱をよじ登って2階にある
奈穂子の部屋に侵入しようとします。

途中で動けなくなりますが、
カエルの鳴きマネで奈穂子に知らせ、
部屋に入れてもらいました。

2人はシーツに包まって愛し合います。


しかし、
晃と玲子にバレてしまいます。

裸姿の健太郎を見た晃は
彼を殴ったり蹴ったり。

やがて健太郎は
ベランダから落ちてしまい、
またも入院する事になりました。

 


大怪我をした健太郎は病院で
点字の手紙を書きました。

 

後日、
手紙を読んだ奈穂子は
声を出して笑いました。

内容は2人だけの秘密のようです。