FE 聖戦の系譜 攻略(序章の前に・・・)

「聖戦の系譜」の攻略法です。

安全性を重視した方法なので、
評価はまったく気にしていません。

※実際にプレイしながら進めます。

 

スポンサーリンク

〇聖戦の系譜とは

攻略法の前に
今作について説明しておきます。

 

・マップが広い

今作はとにかく1ステージが長く、
全部で12章しかありません。

前作の紋章や次作のトラキアと
内容量は変わらないと思います。

とにかく1章が長いので、
僕は全ての章を2つに分けて
書いていく方針です。

序章は短いから無駄な説明してます。(笑)

 

・スキル

スキルが戦闘を左右します。

「連続」や「待ち伏せ」などは、
最近のFEでも見かけると思いますが、
「追撃」もスキルが必要です。

このスキルを持ってないと
どれだけ素早くても
追撃は不可能です。

 


・カップリング

このゲームの登場人物は結婚します。

結婚する事で会話イベントが見れたり、
後半に登場する子供達の
スキルや成長率が変化します。

親世代のカップリングについては、
他の記事で確認してください。


カップルになると
所持金を渡し合う事が可能です。

今作は軍単位ではなく、
個人がお金を持っているので、
戦略上かなり重要な要素だと思います。

 

・三すくみ、武器の重さ

今作から三すくみが取り入れられました。

剣→斧→槍→剣
風→雷→炎→風
理(風、雷、炎)→光→闇→理

補正は20%です。


これに加えて、
体格などという概念がないので、
武器の重さが攻速や回避率に
大きな影響を与えます。

斧が重いのは分かりますが、
炎魔法が重いのは理解できん。

 

・聖戦士の血と神器

登場人物の中には、
聖戦士の血を引く者(貴族)と、
血を引かない平民がいます。

聖戦士の血を引く者は、
成長率に補正がかかっている上に、
武器レベルまで上昇します。

さらに直系は、
神器を使用できます。


神器はどれも威力が高い上に
能力値が補正されます。

「バルムンク」や「フォルセティ」は、
速さ+20の補正が入るので、
回避率が跳ね上がります。


これらの要素も戦略に
大きな影響を与えます。

 

・闘技場

今作の闘技場は他とは違います。

掛け金は存在せず、
勝ったら一方的にお金が貰えます。

しかも負けても体力が1になるだけで、
死ぬことはありません。


闘技場は城の中にあり、
章ごとに7人の相手が用意されています。

この7人の相手は
誰で挑んでも同じです。


例えばスキル・いのりを持っている者は、
体力を調整すれば絶対に負けません。

他のユニットも
武器を使いまわせば、
それなりに勝てます。

 


ついでに書いておくと、
城の中では武器を修理したり
新しい武器を買ったりもできます。

今作の武器は修理する事で
無限に使えます。

 

・支援

今作にも一応支援があります。

指揮官は周囲3マスの味方に
支援を与える事が可能です。

これは個人ステータス画面の
星の数によって変動します。

指揮レベルが高いエルトシャンや
アルヴィスは能力自体も高いのですが、
周囲の敵も強くするので厄介です。


それと恋人同士のユニットも
3マス以内にいる時は、
命中率と回避が10%上昇します。


スキル・カリスマを持つユニットも、
周囲3マス以内にいるユニットに
命中率と回避率10%の支援を与えます。

 

 

・セーブ

今作は毎ターンセーブできるので、
成長を吟味しやすいのも特徴です。

 

ちょっと長くなったので、
攻略法は次回から・・・

 

序章の攻略法へ