「空の境界 第三章 痛覚残留」あらすじ、ネタバレ

映画「空の境界 第三章 痛覚残留」の
ネタバレを結末まで書きます。

あらすじ

(冒頭)
不良集団が1人の少女に
性的暴行を加えています‥

 

 

1998年7月のある日、
幹也は路上でうずくまる
少女を助けました。

幹也は少女を自宅に泊めますが、
目を覚ますと彼女はいませんでした。

 

そんな中、
体がねじ切られた複数の
惨殺死体が発見されました。


伽藍の堂の所長・蒼崎橙子は、
犯人の保護を依頼されました。

犯人の名前は浅上藤乃、
被害者たちに陵辱されていた少女です。

6月に昏睡状態から目覚めた両儀式は、
橙子に頼まれて藤乃を探し始めます。

 

 

時を同じくして、
橙子から給料を貰えなかった幹也は、
友人の学人を頼ります。

学人はお金を貸す代わりに、
「湊啓太という後輩を探して欲しい」
と幹也に依頼します。

啓太は幹也の後輩でもあります。

そんな中、
5人目の被害者が出ます。

彼は藤乃に啓太の居場所を聞かれましたが、
答えなかったので殺されたのです。

 

スポンサーリンク

〇ネタバレ

 

浅上藤乃は幹也の妹・鮮花の同級生です。
(鮮花は藤乃が殺人鬼とは知らない。)

藤乃に人探しの協力を頼まれた鮮花は、
兄の幹也を紹介しようとしますが、
待ち合わせ場所には式が現れました。

鮮花
「あなたには用はありません。」


「兄さんからの伝言だ。
今日は来れないそうだ。」


直死の魔眼で藤乃を見た式は、
「痛くないのか?」と尋ねます。
(式は藤乃の顔を知らなかった)

 

啓太を探している幹也は、
彼の仲間たちが殺された事を知ります。

 

この日の夜、
啓太の友人・康平が藤乃に殺されます。

 

その現場に式が現れました。

式は対峙しますが何かに気付いて、
戦わずに帰りました。


さて浅上藤乃は無痛症によって、
痛みを感じる事がありません。

 

やがて幹也は
藤乃から逃げる啓太を保護します。

幹也は啓太から事件の真相を聞きます。

 

啓太たち不良集団は、
半年前から藤乃を辱めていました。

無痛症の藤乃は何をされても
表情を変える事がありませんでした。

そんなある日、
仲間の1人が藤乃の背中を
金属バットで殴った時に
藤乃が痛がったのです。

背中を強打された事で
脊椎に損傷を受けた藤乃は、
不定期で痛みを感じるようになったのです。

そして事件の日に
藤乃は腹部をナイフで刺されたようですが‥

 

橙子と式と合流した幹也は、
かつて自分が助けた少女が
浅上藤乃だと知ります。

 

後日、
トラックを運転していた人物が
殺害されました。

この人物は啓太とは無関係、
無差別殺人が起きてしまった事で、
式は藤乃との決戦を決意します。

 

時を同じくして幹也は、
藤乃の事を調べていました。

彼女は幼い時から
対象を曲げる歪曲
能力が発現していました。

父親は能力を消すために
感覚をなくしたのです。

 

幹也は塔子と共に式を追いかけます。


幹也
「彼女の傷は治りますか?」

橙子
「彼女の傷は治らない。
元々傷付いてなどいない。

腹部をナイフで刺されて
傷が勝手に治るものか?

キッカケは勘違いなんだ。

あの時、
藤乃は刺されると思った。

その時点で彼女の痛覚は戻っていた。

刺される前に彼女は殺した。
でも刺されたと思ってしまった。」

幹也
「それは変です。
刺されてないなら痛まない!」

橙子
「初めから痛かったんだ。

彼女の主治医から聞いた。
彼女は虫垂炎だ。

彼女の痛みは内臓の痛みなんだよ。

ナイフがあろうがなかろうが、
彼女は彼らを殺すしか
逃げる道がなかった。

殺さなければ殺される‥心がね‥
ところが運悪く湊啓太が逃げ出した。

復讐があの場で終わっていれば
ここまでにはならなかった。」

 

スポンサーリンク

〇結末

式は巨大な橋で藤乃と対峙します。

この戦闘で式は
左腕をねじ曲げられます。

一方で藤乃の虫垂炎は悪化して、
腹膜炎に進行しています。

 

直死の魔眼を使用した式は、
藤乃の能力を無効化して
彼女を捕まえました。


「どうしてそんなに楽しそうなんだ?
お前は傷付けるのが好きなんだ。
だからその痛みも永遠に消えない。

俺とお前は似た者同士だ。」

藤乃
「ま~が~れ~」

能力を発達させた藤乃は、
巨大な橋をねじ曲げてしまいました。

藤乃
「まだ死にたくない‥痛い‥」


「苦しいか?」

式はナイフで藤乃の腹部を刺しました。

 

 

やがて幹也と橙子が式を迎えに来ました。

どうやら式は、
彼女の体内の病気だけ殺したようです。

幹也は救急車を呼び、
式は橙子に義手を頼みます。


その後、
幹也と話した式は
目覚めてから初めて笑いました。

 

第四章 伽藍の洞のネタバレへ