「CRISIS」6話のネタバレ感想 視聴率も!

スポンサーリンク

「CRISIS」の第6話が放送されました。

今回もネタバレと共に
感想を書いていきます。

〇6話のストーリー

※ネタバレ含みます

11年前に地下鉄の車両内で、
爆破テロを引き起こした里見が
コンビニに姿を現します。

彼は11年前から指名手配中です。

 

またもテロを計画していると考え、
警察は里見を追い始めます。

局長の鍛冶は警視総監の乾に
特捜班で里見を捕まえろと命じられます。

 

大山の調査の結果、
里見のアジトが判明します。

稲見と田丸はアジトに向かいますが、
里見の部下の羽田達に邪魔され
里見を取り逃がしてしまいます。

 

里見の逃亡する様子を見た稲見は、
田丸に何かを知っているのかと尋ねます。

田丸はテロの実行犯に寝返った
元捜査官がいるという噂を話します。

 

里見を追い続ける稲見は、
里見の目的がテロではなく、
人物だと推測します。

稲見の言葉を聞いた田丸は、
11年前に公安で課長以上だった
人物を探し始めます。

その中には、
3ヶ月前に警視総監になった
乾の名前がありました。

 

 

特捜班が乾の元に向かうと、
里見が姿を現します。

里見は乾を襲撃しますが、
稲見と田丸に取り押さえられます。

里見は上司に命じられて
公安時代にカルト教団
潜入していました。

 

そこで教祖に
テロを実行しろと命じられ、
里見は上司に報告しました。

しかし教団は摘発されず、
里見は実行日まで監禁されたのです。

警察に見捨てられた里見は、
そのままテロを実行しました。

稲見は
「お前が証言した内容が
正しいと証明する手段がない」
と里見に告げます。

すると里見は
すぐに分かるさ
と呟きました。

その後、
里見は留置場で
首を吊って命を落としました。

 

〇6話の感想

今回もバッドエンド。

石黒賢が登場するかと思ったけど、
まったく出てこなかった。

 

気になったのは、
やはり羽田達5人組。

なんだあのポージング。(笑)

2人で5人を倒す稲見と田丸は凄いが、
尾行は下手過ぎだね。

 

里見が寝返った理由は、
信じていた警察(乾)に裏切られ、
本来の人生に戻る理由が
なくなってしまったから。

それを聞いた稲見は、
警察官なら教団に殺されたとしても
テロを実行するべきではなかったと告げる。

「すぐにわかるさ」
という言葉を残す里見。

自殺か他殺か分からないが、
留置場の中で命を落とす里見。

何かモヤモヤで終わったな‥

格闘シーンはカッコよかったけど、
物語的には1番微妙だったかも‥

 

〇6話の視聴率

6話の視聴率は10.2%でした。

ちなみにこれまでの視聴率は‥

1話 13.9%

2話 11.2%

3話 12.0%

4話 8.4%

5話 10.3%

スポンサーリンク





コメントを残す