「CRISIS」4話のネタバレ、感想 視聴率 バッドエンド辛い‥

スポンサーリンク

「CRISIS」の第4話が放送されました。

今回もネタバレと共に
感想を書いていきます。

〇4話のストーリー

※ネタバレ含みます

今回の任務は、
大学で宇宙工学を研究する
有馬教授の護衛です。

護衛する理由も教えられないまま、
特捜班は大学に向かいます。

 

さっそく有馬に挨拶しますが、
とても無愛想で嫌な奴。

 

次の日、
有馬と大学に向かった樫井は、
研究室から爆薬の臭いがする
と有馬に注意します。

有馬が樫井の制止を振り切り扉を開くと、
研究室は吹き飛びました。

暗殺者2人に追われますが、
稲見が戦って逃げ出します。

 

そんな有馬ですが、
1週間後に出国する予定で、
その前に別れた妻と息子に
会いたいと特捜班に頼みます。

稲見たちは願いを聞き入れます。

 

ところがその日の夜、
有馬は大山を気絶させて、
特捜班の前から姿を消しました。

有馬は殺し屋たちと接触し、
特捜班は任務を解かれます。

 

実はこの有馬という男は、
国家に対して反逆行為を行っており、
特捜班は見張りだったのです。

任務を解かれた稲見と樫井ですが、
彼を探して自宅に向かいます。

すると爆弾を巻かれた
有馬の姿がありました。

樫井が爆弾を解除していると、
有馬が全てを打ち明けます。

 

彼はハニートラップに嵌り、
ジェットエンジンの設計図を渡せと
ある国に脅されました。

これを国に相談すると、
飛ばないミサイルの設計図
渡すように指示されたのです。

しばらくは従っていましたが、
怖くなった有馬は公安に
手を引きたいと伝えました。

するとスパイとして
逮捕すると脅されたのです。

荒れた有馬はお金欲しさに
逆に公安の情報を売り始めましたが、
先方からの連絡が途絶えてしまったのです。

 

特捜班から逃げ出した有馬は、
特捜班の情報を売ろうとしました。

「自分は死んで当然の人間だ」
と有馬は2人に避難を促します。

話を聞いた樫井は
それでも爆弾を解除しようとしますが、
課長の青沼が2人を連れ出しました。

やがて有馬の家は爆発し、
稲見はバーでうずくまるのでした。

 

〇4話の感想

 

横柄な態度をとる有馬、
樫井の注意を無視する有馬、
家族に会いたいと言い出す有馬
少しだけいい奴になる有馬
そう思えば大山を殴る有馬
爆弾を巻かれる有馬
家族との写真を持って爆破される有馬

小市慢太郎さんの演技かなり好きですよ~~

それにしても‥
今回もバッドエンドか‥

いいドラマだけどたまにはねぇ~~

 

今回の内容は、
なかなかタイムリーなネタでしたね。(笑)

本当にこうゆう事ってあるのかな?

一般ピーポーな僕には
多分関係ないけどね。

 

それと特捜班のメンバーって
優秀だけど少しマヌケだよね。(笑)

 

次回予告では
神谷(石黒賢)が出てました。

って事はあいつがラスボスかな‥

とりあえず次は折り返しなので、
いつもより期待しておるよ!!

 

〇4話の視聴率

4話の視聴率は8.4%でした。

ちなみに1話の視聴率は13.9%、
2話は11.2%、3話は12.0%です。

スポンサーリンク





コメントを残す