「半分、青い」第15週89話あらすじ、ネタバレ

今回は7月13日に放送された
「半分、青い」第89話のネタバレです。

涼次と結婚の約束をした鈴愛は、
裕子と藤堂に報告しました。

2人は呆れていますが、
鈴愛は母親の晴にも
結婚すると宣言しました。

スポンサーリンク

89話のストーリー

鈴愛は晴に結婚すると宣言しました。

晴と仙吉は喜んでいますが、
宇太郎は相手が気になって
イライラしています。

次の日、
久しぶりに田辺が
大納言に戻って来ました。

鈴愛と田辺の2人っきりです。

田辺は鈴愛に涼次が
藤村三姉妹の甥っ子だと告げます。

涼次の事をあまり知らない鈴愛ですが、
愛があるから大丈夫だと答えます。

 

そのころ晴と宇太郎は、
鈴愛の結婚について
言い争いをしていました。

宇太郎は相手次第では反対するつもりです。

晴と宇太郎が騒ぐ中、
草太が仙吉にある相談をしていました。

鈴愛に便乗して
自分も結婚したいというのです。

その理由は、
自分の結婚相手が10歳も年上で
バツイチ子持ちなのです。

仙吉は驚き過ぎて息を切らせています。

 

一方で仕事を終えた鈴愛は、
涼次の見舞いに行っていました。

そこで鈴愛は、
涼次の師匠である祥平と知り合い、
2人がルームメイトだと知りました。

3人はコーヒーを飲みますが、
すごく微妙な空気が流れています。

鈴愛は涼次と祥平の関係を疑っています‥

90話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す