「半分、青い」第15週88話あらすじ、ネタバレ

今回は7月12日に放送された
「半分、青い」第88話のネタバレです。

運動会は雨で延期となりましたが、
涼次のバイトの期間が終了しました。

涼次は鈴愛との別れの際に
好きだと告白しました。

スポンサーリンク

88話のストーリー

数日間で距離を縮めた鈴愛と涼次。

2人は一気に結婚の約束をしました。

次の日、
鈴愛は裕子と藤堂を呼び出して
涼次と結婚すると報告しました。

もちろん2人の反応は微妙です。

何故なら涼次は、
売れない助監督だからです。

そもそも出会って6日です。

2人は鈴愛が面食いだと言っています。

一方の鈴愛は完全に浮かれています。

 

 

時を同じくして、
雨の中で踊った涼次は
風邪を引いていました。

涼次も師匠である祥平に
鈴愛との結婚について報告しています。

祥平は結婚には興味ありませんが、
涼次の3人の叔母の存在が気になるようです。

藤村三姉妹は自分の子供のように
涼次を可愛がっています。

涼次は3歳の時に両親を失って、
三姉妹に育てられたのです。

その藤村三姉妹も
涼次の結婚について知りました。

 

鈴愛は涼次に電話をかけて、
お見舞いに行くと約束しました。

この2人は本当に浮かれています。

 

そんな中、
鈴愛の携帯に実家から電話が‥‥

相手はもちろん晴です。

自分を心配する晴に鈴愛は、
結婚すると宣言しました。

89話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す