「半分、青い」第15週87話あらすじ、ネタバレ

今回は7月11日に放送された
「半分、青い」第87話のネタバレです。

運動会を前日に控えて、
大納言は大忙しです。

鈴愛の様子を見に来た
草太も店を手伝いました。

スポンサーリンク

87話のストーリー

運動会当日、
雨が降って延期となりました。

この日は涼次が働く最後の日です。

忙しい最中に店から逃げた田辺は、
店の前まで戻って来ましたが、
謝罪せずにまた逃亡しました。

 

そのころ草太は、
家族に鈴愛の近況を報告しました。

宇太郎と仙吉は何も言いませんが、
晴子は完全に怒っています。

 

一方で鈴愛と涼次は営業終了後に
田辺のビールで打ち上げを始めました。

涼次がギターを弾いて
2人は歌い始めます。

2人は本当に楽しそうです。

 

次の日から涼次はロケに行くので、
この日でお別れです。

 

楽しい時間も終わり、
2人は雨が降る店の外に出ます。

鈴愛は左耳が聴こえないから
傘をさすと右側しか雨が
降っていない気分なのだと話します。

 

すると涼次が屋根の外に飛び出て
「こうすれば両方降っている」
と言いました。

鈴愛も屋根の外に出ます。

涼次は踊り始めました。

鈴愛も踊ります。
(2人は酔っている)

最後に涼次は鈴愛を抱きしめて
好きです」と告白しました。

88話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す