映画「タッチ」あらすじ、ネタバレ結末

映画「タッチ」のネタバレを
結末まで公開します。

あらすじ

主人公は女子高生の浅倉南です。

幼い頃から南は
隣に住む双子の上杉達也、和也と
兄弟も同然に育ちました。

3人はお互いの親の影響で
子供の時に野球を始めて、
甲子園を目指し始めました。

さらに両家の親は共同出資で、
浅倉家と上杉家の間に
子供部屋を作りました。

南の母親が亡くなった時、
上杉兄弟は甲子園に南を
連れて行くと約束しました。

そして現在、
3人は高校1年生になりました。

明青学園という高校に通っています。

南はとても美人で、
野球部のマネージャーをしています。

上杉兄弟はイケメンですが、
達也は何をしても中途半端で
すでに野球を辞めています。

一方で和也は野球部のエースです。

野球を辞めた達也は、
ボクシング部に入部しました。

強面の原田という友人がいます。

性格はともかく運動神経はいいので
ボクシングもすぐに上達します。

しかしデビュー戦は敗北でした。

 

さて、上杉兄弟は子供の時に
南を甲子園に連れて行った方が
彼女を嫁にすると約束しています。

和也は自分に遠慮して
達也が野球を辞めたと思っています。

それでも南は、
和也と付き合っている訳ではなく、
いつも達也を気にかけています。

試合に負けて元気がない達也にキスしました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

和也がいる明青学園は、
順調に予選大会を勝ち進み、
西東京地区の決勝戦を迎えました。

相手は名門の須見工です。

50年に1人の逸材」と称される
新田明男というスラッガーがいます。

 

決勝戦前日、
南の父親の俊夫に頼まれて
上杉兄弟は草野球に参加しました。

2人は対戦しますが、
達也がホームランを打ちました。

 

決勝戦当日の朝、
達也はキャッチボールに付き合って
和也を送り出しました。

しかし‥‥

和也は
道路に飛び出した子供を守って
事故に遭って命を落としました。

和也を欠いた明青は、
須見工に敗れてしまいました。
(4対3と意外にも接戦)

それから数日後、
野球部の新キャプテンになった黒木が
達也に勝負を持ちかけました。

達也が投げた球を自分が打てたら
野球部に入って欲しいと‥‥

達也はわざと打たれます。

こうして達也は
野球部に入りましたが、
部員たちは彼を認めません。

特に和也の相棒だった
松平孝太郎は頑なに達也を拒絶します。

さらに達也の母の晴子も
「自分の人生を歩んで欲しい」
と野球をする事に反対しました。

それでも達也は
黙々と練習を続けます。

ある日、
誰も達也の玉を受けないので、
南がキャッチャーをしました。

 

一方で須見工は甲子園を制しました。

 

1ヶ月の時が流れて、
秋季大会が始まりました。

野球を再開して1ヶ月ですが、
達也はマウンドに上がりました。

まだフォームが固まっていません。

明青学園は達也の自滅で
すぐに敗れてしまいました。

達也は練習に現れなくなり、
南はマネージャーを辞めました。

中途半端な達也を親友の原田が
立ち直らせました。

達也は南の部屋のベランダに
甲子園に行く。
と書いたメモを置きます。

 

達也は野球部に戻って
練習を再開しました。

今回は本気なので、
孝太郎も達也の玉を受けます。

雪が降り、桜が散って、
また球児たちの時期がやって来ました。

 

スポンサーリンク

結末

高校2年生の夏、
順調に勝ち残った明青学園は、
再び決勝で須見工と戦う事になりました。

達也は晴子に
会場に来て欲しいと言いました。

それでも晴子は家を出ません。

そんな晴子の元に、
和也が救った少年と
その母親が訪ねてきました。

晴子は夫の信吾と
南の父親の俊夫と共に
テレビで達也を応援し始めます。

 

一方で南は子供部屋で
ラジオを聞いています。

達也と孝太郎は、
南が残したデータを基に
新田を見事に抑えます。

しかし守備の際に
転んだ達也は肩を痛めました。

ラジオを聞いていた南は、
球場へと向かいました。
(ここで「タッチ」挿入)

一方で明青は、
キャプテンの黒木の活躍で
3点を先制しました。

しかし試合の中盤、
新田が満塁ホームランを打ちます。

 

8回の裏、
3塁まで進んだ達也は、
サードを守る新田と話します。

新田は楽しそうです。

ここで達也は
ホームスチールを試みますが、
アウトになってしまいました。

明青は敗戦ムード一色ですが、
達也の様子を見ていた孝太郎が、
逆転ツーランを打ちました。

9回の表の須見工の攻撃、
5対4で明青がリードしています。

2アウト2、3塁のピンチで新田を迎えます。

普通に考えれば敬遠です。

達也も敬遠しようと提案しますが、
孝太郎は勝負を選びました。

やはり新田は楽しそうです。

 

達也はスタンドにいる南の姿を見つけます。

達也
「いいんだな?
俺が南を甲子園に連れて行っても。」

達也は新田を空振り三振に抑えました。

こうして明青学園は
夏の甲子園初出場を決め、
達也は3人の夢を叶えました。

それでも新田は楽しそうです。

 

映画を観るならU-NEXTがオススメです。


 

スポンサーリンク



コメントを残す