「半分、青い」第13週74話あらすじ、ネタバレ

今回は6月26日に放送された
「半分、青い」第74話のネタバレです。

鈴愛は5年ぶりに律と再会し
近況を報告し合いました。

別れの時間が迫ると、
律は鈴愛にプロポーズしました。

スポンサーリンク

74話のストーリー

鈴愛は律にプロポーズされました。

しかし、
鈴愛はその申し入れを断りました。

鈴愛は漫画家として頑張ると
秋風と裕子に約束していたからです。

それから4年が経ちました。

鈴愛は28歳です。

一瞬に咲け」の連載は打ち切られ、
鈴愛は秋風のアシスタントに戻り、
たまにアルバイトもしています。

「結婚しておけばよかった。」
と何度も後悔しています。

大先生となった藤堂や、
結婚して子供もいる裕子に
愚痴をこぼす日々です。

ネームが描けない‥
ストーリーが思い浮かばない‥

 

時を同じくして、
鈴愛の家族たちは
鈴愛を心配していました。

気持ちを抑えられなくなった晴は、
秋風に手紙を送りました。

晴が考える女性の幸せとは、
結婚して子供を産む事です。

そして鈴愛に見合いの話が来ています。

晴は自分の娘が有名になるより
平凡な人生を送る事を望んでいます。

晴の気持ちに共感した秋風は、
見合いをするべきだと鈴愛に言いました。

これには鈴愛もびっくりです‥

75話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す