「半分、青い」第13週73話あらすじ、ネタバレ

今回は6月25日に放送された
「半分、青い」第73話のネタバレです。

キミカ先生の還暦パーティーに
参加する為に帰省した鈴愛は、
5年ぶりに律と会いました。

スポンサーリンク

73話のストーリー

鈴愛は駅で律と再会しました。

2人は再会を喜んだ後に
ベンチに座って近況を報告します。

律は昔と同じように
鈴愛の右側に座ります。

律は宇佐川教授に付いて行く為に
京都大学の大学院に進学しました。

律は自分の話を始めると
涙を流しました。

 

律がロボットの研究を頑張れたのは、
5年前に鈴愛と別れた日に、
鈴愛の短冊を見たからです。

律はその短冊を取って、
大事に持っていました。

鈴愛の願いに背中を押された律は、
見事に夢を叶えて大企業である
菱松電機への内定が決まっています。

菱松電機の研究所で
ロボットを作るのです。

駅の前で鈴愛を待つ菜生の前に
龍之介がやって来ました。

2人も近況を報告し合います。
こちらもいい感じです。

律が乗る列車が来る時間が迫ると、
律は鈴愛にプロポーズしました。

突然の事に驚く鈴愛は‥‥

74話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す