「半分、青い」第12週72話あらすじ、ネタバレ

今回は6月23日に放送された
「半分、青い」第72話のネタバレです。

漫画家を引退した裕子が
秋風ハウスを出て行きました。

そのころ岐阜の梟町では、
キミカ先生の還暦パーティーの
準備が進められていました。

スポンサーリンク

72話のストーリー

鈴愛と律は5年前の七夕に別れ、
それから1度も会っていません。

菜生にキミカ先生の
還暦パーティに誘われた鈴愛は、
律に会いたいという気持ちから
地元の梟町に帰省する事にしました。

家族は鈴愛の帰省を喜びます。

晴はステーキやハンバーグなど
御馳走を用意しました。

鈴愛は自分の漫画にサインを書いています。

鈴愛の弟の草太は、
レストランで修行しているようです。

鈴愛は実家に残った草太に
お礼を言いました。

その次の日、
鈴愛がパーティに着て行くつもりだった
高級ドレスを草太が洗濯していました‥

鈴愛が激怒しています。

着て行く服がなくなった鈴愛は、
パーティーへの参加を断念しました。

それでも律に会いたい鈴愛は、
会場へと向かいます。

しかし、
パーティーは終わっていました。

キミカ先生に挨拶した鈴愛は、
律を追いかけて駅へと向かいます。

キミカ先生の話では、
律は鈴愛の夢だから
ロボットを研究しているようです。
(19歳の七夕の時に短冊に書いた)

鈴愛が駅に着いた時、
列車が発車しそうになっていました。

鈴愛は慌てて笛を吹きます。

列車が走り去り、
ホームには誰もいません‥‥

落ち込む鈴愛が帰ろうとしていると
目の前に律が現れました。

73話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す