「半分、青い」第12週69話あらすじ、ネタバレ

今回は6月20日に放送された
「半分、青い」第69話のネタバレです。

鈴愛と裕子は同時に
連載が決定しました。

2人は一緒に原稿を完成させて
漫画家としてのスタートラインに立ちました。

スポンサーリンク

69話のストーリー

2人の連載が始まって、
3年の時が流れました。

24歳となった鈴愛と裕子は
改装した秋風ハウスで仕事をしています。

売り上げの一部を秋風に納めています。

鈴愛は売れっ子ではありませんが、
アシスタントを2人雇っています。

もちろん秋風も
別のアシスタントを雇っています。

時を同じくして、
裕子の作品は落ち目を迎えて
連載の打ち切りを告げられました。

鈴愛と裕子は、
秋風の偉大さを痛感しています。

 

やがて裕子の生活が荒れ始めます。

3年前の情熱はどこに行ったのか、
夜の街に繰り出しています。

胡散臭い中年男性と付き合っています‥‥

 

そのころ律は、
宇佐川教授に付いて行く形で
京大の大学院に進学していました。

律は宇佐川教授に
鈴愛の漫画をオススメしています。

 

また別の日、
裕子は秋風に呼び出され、
作品の内容や生活態度について叱責されます。

 

時を同じくして、
鈴愛はおもかげで藤堂と会っていました。

藤堂は「女光源氏によろしく」でデビューし
大ブレイクしていました。

鈴愛は藤堂に
裕子の事を相談しようとします。

するとその場に秋風が現れました。

70話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す