「半分、青い」第11週66話あらすじ、ネタバレ

今回は6月16日に放送された
「半分、青い」第66話のネタバレです。

鈴愛は藤堂に頼まれて
高校時代に描いた「神様のメモ」の
ストーリーを譲りました。

すると藤堂が「神様のメモ」で
漫画家デビューしてしまいました。

スポンサーリンク

66話のストーリー

鈴愛は秋風から
「月刊アモーレ」を渡されました。

鈴愛は自分が藤堂に
ストーリーを譲った事を打ち明けます。

その直後、
藤堂の「女光源氏によろしく」が
「月刊ガーベラ」の新人賞に
選ばれたという報せが届きました。

秋風は自分の弟子の中では、
藤堂が1番力があるから順当だが、
今回の受賞は辞退すると告げます。

隠れている藤堂も聞いています。

鈴愛と裕子は藤堂を庇いますが、
秋風は藤堂はクビにすると宣言します。

しかもストーリーを譲った
鈴愛もクビにすると‥‥

藤堂は姿を現して、
秋風に必死に謝ります。

しかし秋風は許しません。

落胆する鈴愛と裕子。

すると藤堂は、
自分のクビは受け入れるから
鈴愛を許して欲しいと頼みました。

秋風は嫌がりながらも受け入れます。

秋風が一番怒っている事は、
藤堂が描いた「神様のメモ」が
とても残念な内容だったからです。

それは藤堂によって
「神様のメモ」のアイディアが
殺されたと同じ事なのです。

こうして藤堂がオフィスを去りました。

翌朝、
鈴愛の「一瞬に咲け」が新人賞を
受賞したという報せが届きました。

ついにデビューの時が訪れました。

67話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す