「半分、青い」第11週62話あらすじ、ネタバレ

今回は6月12日に放送された
「半分、青い」第62話のネタバレです。

律に呼び出された鈴愛は
喫茶・おもかげに向かいました。

律は清を大切にしたいから
鈴愛と距離を置くと告げました。

スポンサーリンク

62話のストーリー

律に距離を置くと言われた鈴愛は、
ショックを受けて元気を失いました。

裕子と藤堂が必死に励まします。

鈴愛は心のどこかで、
律と自分は絶対にくっつくと
思っていたようです。

藤堂と裕子も同意します。

元気がない鈴愛に秋風は、
「泣いてもいいから描け。
物語にしてみろ。
救われるぞ。」
と伝えました。

秋風曰く、
物語を創作する事は自分を救い、
物語自体には人を癒す力があります。

 

そんなある日、
秋風塾で秋風は鈴愛たち3人に
漫画を描けと告げました。

しかも出来がいい作品は、
自分が月刊誌に持ち込むと。

順番にネタを話せと言われた鈴愛は、
月が屋根に隠れる
という物語を語り始めます。

律と自分の別れのシーンです。

鈴愛の話を聞いた秋風は、
今、漫画を描くんだと迫ります。

秋風
「お前才能がある。
これは神様がくれたチャンスだ!
いや、律君がくれたチャンスだ。

漫画にするんだ。
それを描け!!」

鈴愛
「鬼‥」

秋風
「鬼上等。
描くんだ!!」

63話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す