「CRISIS」3話のネタバレ、感想 視聴率も

スポンサーリンク

「CRISIS」の第3話が放送されました。

今回もネタバレと共に
感想を書いていきます。

第3話のストーリー

※ネタバレ含みます

贈収賄事件に関与した
浜尾という議員が3人組に襲われ、
射殺されるという事件が起きました。

捜査を開始した特捜班は、
使用した拳銃の線から
大畑譲という男に辿り着きます。

潜伏先を突き止めて、
大畑を逮捕する事に成功しますが、
仲間の2人を取り逃がしてしまいます。

大山たちの調べで
大畑の共犯者が藤崎という
兄弟だと判明しました。

この藤崎兄弟の父親は
議員秘書でしたが、
贈収賄事件関連で自殺しています。

いわゆるトカゲの尻尾切りです。

 

この事件に関与した
黒須議員が次の標的と考え、
特捜班は急いで彼の元に向かいます。

 

特捜班の予想通り、
藤崎兄弟は黒須の前に現れますが、
特捜班が立ちはだかります。

逃げた藤崎兄弟は
この国の未来のために
と叫んでお互いの頭を撃ち抜きました。

 

この日の夜、
稲見は議員秘書が自殺したという
ニュースを観るのでした。

 

〇第3話の感想

3話は素直に面白かった。

「この国の未来のために」
が平成維新軍のスローガンみたい‥

平成維新軍ってなんかダサいよね。(笑)

 

 

3人のアジトを突き止めるまでは、
かなり優秀な特捜班。

しかし藤崎兄弟を逃がす‥‥

いやいやいやいやいや(×100)

逃がしたらアカンやろ!!
2話の殺し屋とは話がチガウで!!

 

そして大山がハッカー時代に
交友していた人たちが平成維新軍説。

多分違うんだろうな。

平成維新軍と神の光教団の関係も気になる。

 

それにしても2週連続で終わり方が‥

次もこんなだと心が病みそう。

 

〇3話の視聴率

第3話の視聴率は12.0%でした。

ちなみに1話は13.9%、
2話は11.2%でした。

 

スポンサーリンク





コメントを残す