「半分、青い」第9週53話あらすじ、ネタバレ

今回は6月1日に放送された
「半分、青い」第53話のネタバレです。

勇気を出して電話をかけた鈴愛は、
正人と花火をする事になりました。

花火が終わって、
2人は見つめ合い‥‥

スポンサーリンク

53話のストーリー

正人は鈴愛にキスしようとしましたが、
ロウソクの火が服に燃え移り、
2人は慌てて火を消しました。

キスはお預けです。

 

そんな中、
鈴愛の母の晴が上京して来ました、

秋風のオフィスを見学した晴は
豪華さに驚きます。

秋風は着物を着て
晴を歓迎します。

仙吉の五平餅を差し入れ、
藤堂や裕子とも顔を合わせます。

その後、
鈴愛たちが住む秋風ハウスを訪れます。

オフィスに比べると‥‥
かなり質素なので‥
さすがの晴も唖然‥‥

掃除道具を持参した晴は、
秋風ハウスの掃除を開始します、

 

そのころ岐阜の仙吉、宇太郎、草太は、
晴がいないので羽を伸ばしています。

宇太郎は夕方から酔っぱらい、
仙吉はギターを弾いています。

仙吉の歌声を聞いた草太は、
青春時代の歌について尋ねました。

 

仙吉の青春時代は戦争真っただ中だったので
好きだった歌などはありません。

仙吉は兵隊として満州に行き、
なんとか日本に帰ってきたのです。

仙吉の話を聞いた草太は、
仙吉が心に傷を負っている事に気付きました。

 

その後、
仙吉は大好きなサザンの
真夏の果実を歌いました。

さすがに上手いですね。(笑)

 

草太も一緒に歌っています。

 

仙吉
「こんな歌が青春時代にあればよかったな。

そしたら廉子さんに
歌ってあげられたのに‥‥」

天国の廉子
「届いていますよ。」

たまには男だけの日もいいですね。

54話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す