「半分、青い」第8週43話あらすじ、ネタバレ

今回は5月21日に放送された
「半分、青い」第43話のネタバレです。

〇43話のストーリー

電子レンジを使おうとした秋風は、
紛失したネームを発見します。

酔っ払ってレンジの中に置いていたのです。

しかも新作の内容は、
決して傑作と呼べるモノではありません。

 

秋風にクビを宣告された鈴愛は、
岐阜の実家に戻っていました。

連絡を受けていなかった家族は驚きますが、
娘の帰省を素直に喜びます。

 

そのころ秋風は菱本に怒られていました。

今、非を認めなければ、
誰も秋風に付いて行かないと‥‥

さらに菱本は秋風に
鈴愛が完成させたカケアミを見せて、
素晴らしい出来栄えだと称賛します。

さらにさらに菱本は秋風に
鈴愛を迎えに行けと命じます。

方向音痴な秋風は、
律と正人と共に岐阜に向かいます。

やがて岐阜の鈴愛の実家に
律、正人、秋風が現れます。

律と正人は秋風を残して
萩尾家に戻りました。

秋風が急に現れたので
楡野家は騒然としています。

鈴愛は2階で寝ていますが‥‥

 

鈴愛からミスをしたと聞いていた仙吉は
彼女に代わって深々と謝罪します。

続いて宇太郎と晴も土下座します。

 

そんな中、
鈴愛は晴に起こされます。

鈴愛は殺されると怯えますが、
秋風は鈴愛に真実を告げて、
自分の非を詫びました。

あの秋風が頭を下げています。

44話のネタバレ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す