「半分、青い」第7週41話あらすじ、ネタバレ

今回は5月18日に放送された
「半分、青い」第41話のネタバレです。

〇41話のストーリー

秋風が描いた新作のネームが
なくなってしまいました。

部屋の掃除をした鈴愛が
捨てたのではないかと疑われます。

結局、
ネームが見つかる事はなく、
鈴愛は秋風にクビを告げられ、
アパートからも追い出されました。

 

行くあてのない鈴愛は
律のマンションの前で笛を吹きました。

窓から顔を出したのは
隣の部屋の朝井正人でした。

正人が律に連絡します。

泣きじゃくる鈴愛は
律に状況を説明します。

鈴愛は1日だけ泊めて欲しいと頼み、
家族にどう説明したらいいか相談します。

律は帰ってきたら喜ぶから
素直に話したらいいと助言します。

それでも鈴愛は、
自分の夢はどうなるのだと呟きます。

 

この日、
律と正人はマハジャロに行く
約束をしていました。

 

元気がない鈴愛を見た正人は、
彼女に金色の衣装を渡して、
マハジャロに行こうと提案しました。

3人はマハジャロに行きます。

何かが吹っ切れた鈴愛は、
ステージの上で踊り始めました。

 

これが東京最後の夜になるのでしょうか‥‥

42話のネタバレ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す