「半分、青い」第7週40話あらすじ、ネタバレ

今回は5月17日に放送された
「半分、青い」第40話のネタバレです。

〇40話のストーリー

秋風を探していた鈴愛は
喫茶店・おもかげに入り、
律と再会しました。

鈴愛が岐阜弁丸出しなので
律の連れの女性が帰ってしまいました。

鈴愛と律の家が近い事を
鈴愛は律から聞かされます。

律の事が気になって仕方ない和子は、
キミカ先生に誘われて晴と共に
ボクシングを始めました。

そのころ秋風は、
飼っていた犬とウサギの
墓参りをしています。

 

この日の昼、
突然新作が閃いた秋風は、
夢中になって執筆活動を始めました。

さすがの鈴愛も声をかけれません。

秋風のファンでもある鈴愛は、
新作が誕生する瞬間に立ち会えると歓喜して、
秋風の邪魔をしないようにします。

やがて秋風は秒速で
ネームを完成させます。

 

次の日、
秋風は連載漫画のペン入れを行います。

ペン入れが終わった秋風は
秘書の菱本に新作漫画のネームを
部屋から取って来て欲しいと頼みます。

菱本は秋風の部屋に行きますが、
ネームがありませんでした。

この日の朝、
秋風の部屋の掃除をしたのは鈴愛です。

ネームを見た事がない鈴愛が、
ゴミだと勘違いして捨てた可能性があります。

鈴愛は秋風に叱責されました。

菱本や藤堂達が必死にネームを探します。

41話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す