「ドラキュラZERO」あらすじとネタバレ結末

スポンサーリンク

今回は映画・ドラキュラZEROの
ネタバレを書いていこうと思います。

〇キャスト

ヴラド(ルーク・エヴァンス)

ミレナ(サラ・ガドン)

メフメト2世(ドミニク・クーパー)

インゲラス(アート・パーキンソン)

ルシアン(ポール・ケイ)

ヴァンパイア(チェールズ・ダンス)

〇あらすじ

15世紀、
オスマン帝国の勢力下にある
トランシルヴァニアを治めるヴラドが
この物語の主人公です。

ヴラドは妻子と共に
穏やかな日々を送っていますが、
幼い時に人質として帝国に差し出され、
戦場に立った経験もあります。

騎士として優秀な戦果を挙げ
現在では公国を治めています。

 

 

そんなある日、
ヴラドは領地内にオスマン兵が
侵入した痕跡を発見します。

兵を追って道に迷ったヴラドは、
ある洞窟に辿り着きますが、
怪物に襲撃されます。

逃げ出したヴラドは
修道士のルシアンから怪物は
古来の吸血鬼だと教えられます。

〇ネタバレ

やがて帝国から
子供達を差し出せという
命令が届きました。

その中にはヴラドの息子である
インゲラスも含まれていました。

ヴラドはオスマン帝国の皇帝で
かつての友人でもある
メフメト2世に会いに行きます。

考え直して欲しいと頼みますが、
メフメトは拒否しました。

 

インゲラスは
人質になる事を望みますが、
ヴラドは帝国に反旗を翻しました。

力を望むヴラドは、
再び洞窟を訪れます。

ヴラド
「助けて欲しい‥
オスマンが攻めて来る。

愛する者を守れる力が欲しい。

ヴラドは吸血鬼の血を飲み、
自らも吸血鬼になりました。

吸血鬼となったヴラドは、
帝国の先遣隊を倒し、
民を修道院に逃がします。

ヴラドの妻のミレナは、
ヴラドの異変に気付きますが、
彼を愛し続けます。

 

やがて帝国の本隊が現れ、
インゲラスが拉致された上に
ミレナは崖から落ちてしまいます。

ヴラドは翼を使って、
ミレナを助けようとしますが、
間に合いませんでした。

瀕死のミレナは
自分の血を吸ってでも
息子を助けて欲しいと
ヴラドに頼みました。

修道院に向かったヴラドは民に
力が欲しいかと問います。

力を求めた民は吸血鬼となり、
帝国の兵士を殲滅しました。

 

〇結末

ヴラドはインゲラスを救うために
メフメトと対峙します。

メフメトは力の正体を見抜き、
銀の鎧を装備していました。

 

ヴラドは銀に苦しみながらも、
メフメトを倒して息子を助け出します。

しかし吸血鬼となった民たちは、
完全に自我を失っていました。

さらに太陽光が降り注ぎ、
民たちは消滅してしまいました。

これが力を求めた代償です。

そして時は流れて、
街中を歩くヴラドの隣に
ミレナに似た女性がいます。

 

スポンサーリンク





コメントを残す