「正義のセ」6話あらすじ、ネタバレ

今回は5月16日に放送された
「正義のセ」第6話のネタバレです。

〇6話あらすじ、ネタバレ

凜々子は同期の結婚披露宴に参加し、
各地に赴任している仲間と会います。

凜々子のストーカーみたいな
検事の神蔵もいます‥‥

 

さらに凜々子は、
弁護士になった美咲と再会しました。

美咲は大学時代から
共に学び合った親友です。

 

美咲は自分の正義を信じて
凜々子とは違う弁護士を選んでいます。

 

久しぶりの再会に盛り上がり、
凜々子は美咲を実家に
連れて帰りました。

凜々子の家族も大歓迎です。

豆腐屋なので家族は早く寝ますが、
凜々子は美咲と2人で飲みます。

女2人になれば盛り上がるのは恋バナです。

そこで凜々子は何故か
大塚とキスする場面が思い浮かびます。

 

スポンサーリンク

次の日、
港南支部に出勤した凜々子は相原から
飲み会で酔っ払った凜々子が
大塚にキスした事を知らされます。

謝るべきか悩む凜々子。

謝ろうとしますが、
顔を合わせると変に意識して
上手く喋れませんでした。

 

そんな中、
オレオレ詐欺で逮捕された被疑者が
送致されて来ました。

被疑者は直接お金を受け取る
受け子を担当していた大学生の浅田です。

被害者がお金を渡す前に
110番通報したので浅田は
現行犯で逮捕されています。

凜々子は詐欺グループを
一網打尽にすると張り切ります。

凜々子の取り調べが始まりますが、
浅田はアルバイトのつもりで
詐欺に加担するつもりはなかったと証言します。

凜々子は浅田に声をかけてきた
佐藤という人物について尋ねますが、
名前しか分からないようです。

浅田はとても反省している様子。

 

さて、美咲が港南支部に現れました。

浅田の弁護を担当する事になったのです。

支部の面々は美咲にデレデレしています。

美咲は浅田の釈放を要求しますが、
凜々子が拒否します。

美咲は浅田もオレオレ詐欺の
被害者だと言えると主張しました。

こうして親友同士で
対立する事になってしまいました。

これもお互いが信じる正義の為です。

凜々子と相原は、
浅田の所持品を確認します。

浅田は鉄道オタクで、
貴重な切符を持っていました。

かなり高価な物なので、
2人は浅田の自宅に向かいます。

やはりかなりのオタクです。

総額だと80万円になると
相原が話します。

 

ますます浅田が怪しくなり、
2人は徳政大学へと向かいます。

そこで浅田の代理出席をしている
挙動不審な学生を発見します。

浅田は2万円で
その学生を雇っていました。

やはり浅田は怪しい‥‥

 

この日の夜、
凜々子は神蔵を含めて同期と飲みます。

遅れて美咲も現れました。
神蔵が呼んだようです。

気まずい空気が流れています。

 

スポンサーリンク

次の日、
大学で浅田が逮捕された事が
話題になりました。

まだ浅田の事件は報道されていません。

凜々子はネット上で噂されている
小林という人物を探します。

 

一方で浅田に面会した美咲は、
浅田の勤勉さを証明するために
彼の友人の小林と話していました。

名刺を渡すために小林を追いかけた美咲は、
小林がグループの人間と
電話する場面を目撃します。

美咲は小林を尾行します。

大学に向かった凜々子は、
美咲が小林と接触した事を知ります。

凜々子は美咲を探し始めます。

 

小林を尾行した美咲は、
受け子の集まりを目撃します。

どうやら彼らは、
受け子のバイトを
浅田に紹介されたようです。

彼らは小宮山という人物について話しています。

美咲は動画を撮ろうとして
小林に見つかってしまいます。

その場に凜々子と相原が駆け付け、
小林は警察に連行されました。

浅田の友人たちが全て自供し、
浅田が常習犯だった事が証明されました。

さらに浅田に指示を送っていた
大学OBの小宮山にも捜査の手が伸びます。

まだ被害者面している浅田に
凜々子が説教して一件落着。

その後、
浅田に嘘を付かれていた美咲は
浅田の弁護を続ける事を決めました。

凜々子と美咲は、
握手して別れました。

 

別の日、
凜々子は大塚に謝罪しました。

 

 

「正義のセ」はHuluで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す