「半分、青い」第6週31話あらすじ、ネタバレ

今回は5月7日に放送された
「半分、青い」第31話のネタバレです

〇31話のストーリー

鈴愛と律がファイルを取り間違い、
律の京大受験の受験票は
鈴愛と共に東京に向かっていました。

 

律は京大受験を断念し、
東京の私立大学に合格しました。

名門私立の西北大学です。

龍之介と菜生は祝福します。

 

時を同じくして、
楡野一家は萩尾家を訪ねて、
弥一と和子に謝罪し続けます。

しかし弥一は鈴愛達に
自分の考えを話します。

受験票は忘れても再発行できます。

頭がいい律なら知っていたはずです。

京大合格も危うかった律は、
受験から逃げたのではないかと‥‥

 

これはあくまでも弥一の推測ですが、
「京大を落ちなくてよかった」
と告げました。

もし京大に落ちていたら、
律は私立を受けれなかっただろうと。

 

その後、
鈴愛は律と川に行きます。

律は鈴愛に本音を打ち明けます。

神童と呼ばれていた律ですが、
自分はそれほど頭は良くないと。

「ずっと1番ではないといけない」
とプレッシャーを受けていたのです。

もしも高校受験に成功していたら
自分より頭が良い人がいる事にショックを受け、
西北大学にも落ちていただろうと‥‥

32話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す