「正義のセ」4話あらすじ、ネタバレ

今回は5月2日に放送された
「正義のセ」第4話のネタバレです。

〇4話あらすじ、ネタバレ

港南支部では凜々子の
歓迎会が行われました。

凜々子は事務次官の3人から
大塚検事と徳永検事の話を聞いて
「相原が安心できる検事になる」
と宣言しました。

 

そんな中、
凜々子は若者がバイクで
老人を轢き殺した事件を担当します。

被害者の佐藤は妻のフネと
散歩中に横断歩道を渡ろうとして
勝村のバイクにはねられました。

 

勝村は交差点に近付いた際、
朝日が目に入って、
信号が見えなかったと証言しています。

横断歩道の前に人が立っていたので、
青だと思って交差点に進入したのです。

 

妻のフネは歩行者側の信号が
青だったと証言しています。

凜々子が話を聞きに行くと、
フネは持病で心臓が痛くなったから
自分は横断歩道の前で
立ち止まったと話しました。

フネは厳罰を望んでいます。

 

やがて勝村の取り調べが始まります。

勝村はレストランの見習いコックで、
事件の日は寝坊して急いでいたようです。

勝村は容疑を全面的に認めますが、
「事故についてはあまり覚えていない」
とあまり喋ろうとはしません。

相原は難しくない案件だと話しますが、
凜々子は起訴判断に悩んで、
勝村の職場へと向かいます。

勝村の職場は人手不足で、
彼はかなり無理をしていたようです。

勝村の同僚たちは
「勝村は無口だがいい奴で、
何度も被害者の家や現場に通ってる」
と凜々子に話します。

凜々子は勝村に
なぜその事を話さなかったのかと尋ねます。

勝村
「そんな事は言い訳にはなりません。
僕が佐藤さんを殺した事に変わりはないです。」

さらに凜々子の悩みは深くなります。

 

数日後の朝、
凜々子と相原は事件の人同じ条件で
現場検証を行います。

証言に食い違いはありません。

その場に犬の散歩をする人物が現れ、
「老人が赤信号を渡っていたらしい」
と証言しました。

その人物はランニング中の
京浜大学の生徒から聞いたと話します。

凜々子と相原は京浜大学に向かい、
事故を見たという生徒を探します。

 

2人は鉄道マニアの生徒を発見しました。

電車を追うのも体力勝負のようです。

やはりその生徒は
「歩行者側が赤だった」
と証言します。

勝村が自分で110番通報していたから
何もせずにその場を去ったようです。

 

スポンサーリンク

凜々子はフネに
信号の色について再び尋ねます。

フネは「青だった」と感情的になります。

次の日、
凜々子は元気がないフネを訪ね
手作り豆腐を差し入れます。

亡くなった佐藤も煎餅を作る職人でした。

職人の家族同士なので話がよく合います。

そんな中、
フネは勝村が自分の背中を
さすってくれた事を思い出します。

その後、
フネが現場に向かうと、
勝村が地面に跪いて
手を合わせていました。

やがて凜々子の元にフネの手紙が届きます。

フネ
「ずっと嘘を付いていました。

事故の時、
主人は信号が点滅しているのに
交差点に進入しました。

私は動悸がして止まりました。

信号を渡り切った主人は
私の元に戻ろうとしたのです。

名前を呼び続けるうちに
胸が苦しくなりました。

そしてら勝村さんが‥

このままでは主人に怒られます。

あまり厳しい処分にしないよう、
遺族からお願いします。」

勝村はフネの背中をさすりながら
何度も何度も謝罪しました。

勝村はすぐに救急車と警察を呼び、
佐藤を助けようとしたのです。

凜々子がフネの元を尋ねます。

フネは店を開けるために
掃除を始めていました。

 

凜々子は勝村を罰金刑に処し、
公判請求はしませんでした。

後日、
凜々子が煎餅を買いに行くと
勝村が店を手伝っていました。

勝村はレストランの仕事も
続けれる事になったようです。

凜々子が帰宅すると
妹の温子の婚約者がいました‥

 

「正義のセ」はHuluで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す