「半分、青い」第5週27話あらすじ、ネタバレ 東京に行く!!

 

今回は5月2日に放送された
「半分、青い」第27話のネタバレです。

〇27話のストーリー

宇太郎が秋風の秘書の菱本を怒らせ
鈴愛の弟子入りの件が白紙に戻りました。

受験で忙しい律に頼れない鈴愛は、
ともしびの公衆電話を使って、
秋風のオフィスに電話をかけました。

電話に出たのは秋風本人です。

鈴愛は宇太郎の件を謝罪して、
「私を見捨てないで下さい。」
とお願いしました。

鈴愛の決意を知った秋風は
私がなんとかすると答えます。

 

次の日曜日、
楡野家に菱本が来ました。

宇太郎たちは歓迎しますが、
晴は難しい顔をしています。

菱本の名演技に騙される宇太郎‥‥

そもそも美人な菱本に
宇太郎は何も言う事ができません。

宇太郎、仙吉、草太は
鈴愛の味方になったようです。

菱本が帰ってから
家族会議が開かれます。

やはり晴は東京行きに反対です。

漫画家に向いているかは分からないが、
東京には向いていないという意見です。

そして晴は鈴愛に
「履歴書に本当の事を書くから
13社も落ちたんだ」と告げます。


「世の中はいい人だけじゃない。
家族はあんたに優しい。

友達もよくしてくれる。

あんたは世の中の厳しさを知らん。
嫌な部分を知らん。

そんなあんたを
東京に出すわけにはいかん。」

鈴愛
「鈴愛は知っとった。
何で落ちるか知っとった。

鈴愛は‥
私は嘘付いて入るのは嫌やった。
本当の事を書いて入りたかった。

私は東京へ行く!!」

28話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す