「半分、青い」第4週23話あらすじ、ネタバレ

 

今回は4月27日に放送された
「半分、青い」第23話のネタバレです。

〇23話のストーリー

漫画を描きあげた鈴愛は
律の元に向かいました。

誰よりも先に律に
読んで欲しかったのです。

律がなかなか起きないので、
鈴愛は早起きの和子に事情を説明して、
萩尾家に入ります。

律に秋風羽織を教えたのは和子でした。

萩尾夫婦は律より先に
漫画を読もうとはしません。

和子は律を叩き起こします。

一方の楡野家では、
鈴愛の姿がないので大騒ぎです。

 

時を同じくして東京では、
秋風羽織がトークショーを行いたいと
編集長に頼んでいました。

今まで顔出しはしていません。

 

この日の夜、
鈴愛は龍之介と菜生にも
自作の漫画を読ませます。

さらに帰宅後に
家族にも漫画を読ませます。

漫画好きの宇太郎は
自分の教育のおかげだと
涙を流しました。

 

すると律が電話をかけてきました。

律は鈴愛に
京大に行こうと思うと打ち明けます。

鈴愛は和子を説得する方法を教えました。

 

その後、
律は弥一と和子に
京大に進学すると伝えました。

「京大のノーベル賞受賞者数は、
東大の受賞者よりも多い。」

和子は京大進学を認めました。

 

鈴愛は龍之介から話を聞いており、
律が京大を目指す事を知っていました。

だから京大について調べていたのです

次の日から鈴愛は、
新しい漫画を描き始めました。

完成した漫画を持って
再び萩尾家に向かいます。

 

24話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す