「半分、青い」第4週21話あらすじ、ネタバレ

 

今回は4月25日に放送された
「半分、青い」第21話のネタバレです。

〇21話のストーリー

就職活動を始めた鈴愛ですが、
左耳の影響からか
内定がもらえません。

鈴愛は13社受けましたが、
全て落とされてしまいました。

姉を心配する草太は、
大学に行けばいいと勧めます。

鈴愛は大勢の人がいる場所は
嫌いだから行きたくないと答えます。

これは本心ではありません。

鈴愛は頭が良い草太こそが、
大学に行くべきだと考えているのです。

 

そんな中、
鈴愛の就職先が決まりました。

内定を出したのは地元の農協です。

鈴愛は安堵の表情を浮かべ、
家族は鈴愛を祝福します。

 

さて就職が決まった鈴愛ですが、
新たな悩みが生まれます。

友達や幼馴染が
夢を叶えるために進学や
就職するのに対して、
自分には目標が何もないと‥

焦った鈴愛は、
律の元に向かいます。

 

鈴愛は借りていた
秋風羽織の漫画を返します。

秋風羽織を制覇した鈴愛は、
秋風羽織に対する熱い思いを
律に語りました。

鈴愛の話を聞いた律は、
「漫画を描いたらどうだ?」
と助言しました。

確かに鈴愛は絵が得意です。

無理だと思った鈴愛ですが、
秋風羽織本人は気になります。

2人は美青年、美少女を想像します。

 

時を同じくして東京では、
秋風羽織が漫画を描いています。

秋風羽織はオジサンです。

アシスタントの藤堂や小宮に
意味不明なアドバイスをしています。

 

22話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す