「半分、青い」第4週20話あらすじ、ネタバレ

今回は4月24日に放送された
「半分、青い」第20話のネタバレです。

〇20話のストーリー

つくし食堂に瞳がやって来て、
ぎふサンバランド建設計画の
中止が告げられました。

バブル崩壊の影が忍び寄っているのです。

瞳は商店街を1件ずつ回って謝罪します。

イケメン社員の神崎や
上司は先に東京に帰ったようです。

一方の鈴愛は、
小林と連絡が取れないままでした。

完全にフラれたようです。

 

 

そんな中、
鈴愛たちは高校最後の夏を迎えました。

東大に進学するつもりの律は、
「あまり遊べなくなる」
と鈴愛に伝えました。

龍之介も大学へ、
菜生は服飾関係の専門学校へ
それぞれ進学するつもりです。

鈴愛は就職希望です。

律は悲しそうな鈴愛に
秋風羽織という漫画家が描いた
少女漫画を貸します。

「いつもポケットにショパン」
という作品です。

鈴愛はすぐに夢中になり、
漫画を読み続けました。

律は秋風羽織の別の作品を貸し続けます。

律は鈴愛に会う為なのか
少しずつ漫画を貸します。

4人で遊べないまま夏休みが終了しました。

 

そして鈴愛は就職活動を始めます。
母親の晴は心配しています。

やがて鈴愛は面接に挑みますが‥‥

 

21話のネタバレへ

 

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す