「半分、青い」第3週18話あらすじ、ネタバレ

今回は4月21日に放送された
「半分、青い」第18話のネタバレです。

〇18話のストーリー

鈴愛はバス停で出会った少年に
運命を感じ始めていました。

そんなある日、
鈴愛は再びバス停で
あの少年と再会しました。

少年は小林と名乗り、
カセットテープを拾ってもらった日から
鈴愛の事が気になっていたと打ち明けます。

少年は鈴愛の事を可愛いと言い、
デートに誘いました。

2人は週末に
明治村に行く事になりました。

 

しかし、
鈴愛にはデートの経験がありません。

困った鈴愛は
律に相談します。

律は
「あまり喋るな。
女性は大人しい方が可愛い」
と鈴愛にアドバイスしました。

一方で菜生は、
これを機に鈴愛と律が
逆に進展するのではないかと考えます。

 

さて娘のデートを知った晴は、
自分の事のように喜んで
服を選び始めます。

一方で宇太郎は複雑な心境‥‥

 

そして週末になり、
鈴愛は晴に見送られて
デートに向かいました。

時を同じくして、
菜生の父親の五郎は、
岐阜サンバランドの服を
大量に発注していました。

妻の幸子は驚いて
つくし食堂にやって来ました。

 

一方で律は
モヤモヤした週末を過ごしています。

母の和子も心配します。

笛の音を聞いた律は、
慌てて窓を開けますが、
そこに鈴愛の姿はありません。

さて、鈴愛と小林のデートの結果は‥‥

また来週ですね。

19話のネタバレへ

「半分、青い」はU-NEXTで視聴できます。


 

スポンサーリンク



コメントを残す